コンテンツへスキップ

美濃路

美濃路ウォーキング

美濃路は基本的に平野部を通っていますので、ほぼ起伏のないウォーキングになります。体力的には楽なコースですから、美濃路ウォーキングはどなたにもお勧めできます。

美濃路は中山道垂井宿と、東海道宮宿とを結ぶ脇往還です。徳川家康関ヶ原の戦いに勝利した後凱旋したことから「吉例街道」としても知られています。江戸時代には朝鮮通信使や参勤交代の大名など、多くの交通量がありました。

美濃路ウォーキングは、基本的に宿場町を繋いで歩いていくことがお勧めです。熱田(宮宿)―名古屋―清州(清須)―稲葉―萩原―起―墨俣―大垣―垂井の順ですが、各宿場には鉄道あるいはバスの便がおおむね整っており、公共の交通機関を使ったウォーキングに便利なコース取りを行うことができます。

美濃路の各宿場は、名古屋市内を除き、かつての宿場の風情を残すところが多く、ウォーキングしていてもそれなりに楽しめます。その一方で宿場間を結ぶ美濃路ウォーキングのコースは、愛知県から岐阜県と、比較的開発が進んだ地域を通るため、道中は昔ながらの風情を残すところや史跡は、近隣の中山道などと比べると少なくなっています。

関連した以下のウォーキング・ハイキングコースがあります。

濃尾大橋と木曽川

美濃路 起宿から墨俣宿、墨俣城(ウォーキング・コース)

美濃路の起宿から墨俣宿の間には古い建物などの目立った史跡はほぼ残っていません。ほとんどが車道ウォーキングですが、木曽川や長良川を渡るときを除き、車の通りはとても少なく、静かな美濃路ウォーキングが楽しめます。ただし距離は1… 続きを読む »美濃路 起宿から墨俣宿、墨俣城(ウォーキング・コース)

大塚性海寺歴史公園のあじさい

美濃路から稲沢アジサイ寺性海寺、矢合観音(ウォーキング・コース)

清州と稲沢の間の美濃路をたどり、重要文化財の六角堂を見学。そこからアジサイで有名な性海寺へと向かい、さらに西、矢合観音を目指すウォーキングのコースです。ポイントごとに見どころはあるものの、ポイント間の距離が長く、その間の… 続きを読む »美濃路から稲沢アジサイ寺性海寺、矢合観音(ウォーキング・コース)