コンテンツへスキップ

浅井亮政

浅井亮政(あざい すけまさ)は戦国時代、小谷城を構えた浅井氏の初代城主です。京極家の家臣でしたが、京極家の家督争いに乗じて北近江の実権を握りました。南近江の六角家とは常に対立していました。二代目浅井久政の父で、その息子の三代目が浅井長政です。

関連した以下のウォーキング・ハイキングコースがあります。

米原から西円寺、息長。古代から中世の近江を訪ねる(ハイキング・コース)

    このコースは、米原駅から北国街道を進み、廃道になった道で尾根を越えて西円寺の集落に入ります。そこから、古代は息長氏が、中世においては京極氏や浅井氏の配下の土豪・武将たちが治めていたであろう、農村地帯を歩きます。いくつかの… 続きを読む »米原から西円寺、息長。古代から中世の近江を訪ねる(ハイキング・コース)

    小谷山岩尾からの眺望

    浅井氏の居城、小谷城跡と大嶽城跡(ハイキング・コース)

      小谷城は、滋賀県長浜市の小谷山(495m)にある浅井氏3代の居城です。小谷城跡のハイキング・コースを紹介します。 まずは小谷城を作った浅井氏の歴史のおさらいから。浅井氏は、もとは地元の名家、京極氏に仕えていましたが、下剋… 続きを読む »浅井氏の居城、小谷城跡と大嶽城跡(ハイキング・コース)

      善光寺岩屋善光堂

      米原から善光寺岩屋善光堂、岩脇山を経て中山道、醒井宿(ハイキング・コース)

        JR東海道線で米原駅から関ケ原・大垣方面に向かう時、左手を気を付けてみていると、岩山に作られた目を引くお堂があります。これが善光寺岩屋善光堂です。このコースでは、米原駅から歩き始め、善光寺岩屋善光堂を見学、その上の岩脇山… 続きを読む »米原から善光寺岩屋善光堂、岩脇山を経て中山道、醒井宿(ハイキング・コース)