コンテンツへスキップ

京都一周トレイル 西芳寺(苔寺)・松尾山・嵐山

このハイキング・コースは、京都一周トレイルの京都西山ルートの内、苔寺(西芳寺)から松尾山に登り、嵐山に至るルートです。

阪急嵐山線の松尾大社駅あるいは周辺のバス停を起点に(Google Mapで松尾大社までの経路を確認)、お酒の神様として名高い松尾大社に立ち寄ります。鈴虫寺として知られる華厳寺も通りますが、特に祝祭日は行列ができるような人気で、時間待ちとなる可能性が大ですので、行程に含んでおらず、通過するだけです。苔寺は拝観には事前予約が必要(予約はこちらから)で、場合によっては1ヶ月以上前に予約しないと見学できません。ですからこちらも前を通過するだけで、ハイキングの行程には含んでいません。

このハイキング・コースの地図を参照

京都一周トレイル 西芳寺(苔寺)・嵐山コースの行程

松尾大社

まずは松尾大社(まつのおたいしゃ)からスタートします。

松尾大社
松尾大社

松尾大社(公式ホームページはこちら)は、太古の昔から松尾山山頂近くにある磐座に、地域の神が祀られていたことを由来とします。その後、5世紀に新羅から秦氏が渡来し、松尾大社周辺に定着したようです。秦氏は水利を工夫して産業を興し、酒造りが得意だったとされていて、それが現在も松尾大社が酒の神様とされる由緒になったようです。701年に現在の場所に神殿を造営し、その後秦氏の子孫が明治の始めまで神官を務めたそうです。平安時代になると、桓武天皇は松尾大社と賀茂神社とを皇城鎮護の社と定めたそうです。

松尾大社の本殿は、室町時代の1397年に再建されたもので、重要文化財です。ただし、塀に囲まれた奥まったところに位置するので、全体を見ることはできません。

松尾大社本殿
松尾大社本殿

松尾大社にはお酒の資料館が併設されています。見学は無料です。

松尾大社のお酒の資料館
松尾大社のお酒の資料館

松尾大社から出て、松尾山の山すそを南へしばらく進むと月読神社があります。ここは松尾大社の摂社ですが、延喜式にも登場する古い神社です。元々は壱岐氏が壱岐島で海上の神としていたそうで、秦氏と共にこの地に来たのではないかとされています。由来についてはこちらを参照してください

月読神社
月読神社

月読神社からさらに南下すると、鈴虫寺として知られる華厳寺。説法が人気だそうで、行列ができていましたので境内の参拝もパス。

鈴虫寺
鈴虫寺

続いて、苔寺として有名で、世界遺産の一部にもなっている西芳寺。ここは拝観には要予約です。

苔寺 西芳寺
苔寺 西芳寺

西芳寺から谷沿いに進むと「山の神さん」。山作業の安全を祈る民間信仰でしょうか。

山の神さん
山の神さん

この後すぐにハイキング・コースの案内板があり、松尾山への登山道に入ります。登りはじめは竹林ですが、すぐに広葉樹の低木の間を進む道に変わります。

松尾山山頂近くには、古墳の石室が。このあたりは、松尾山古墳群があるようで、相当数の古墳があるとか。素人が歩いていて気が付くことはあまりありませんが。やはり秦氏と関係があるのでしょうか。

松尾山古墳群
松尾山古墳群

続いては山城の土橋のような遺構。調べてみたら、松尾山の山頂の向こう側に、嵐山城という城があったそうです。応仁の乱の頃1497年に築かれ、山城国の守護代官であった香西元長が使用したとか。1507年にはすでに廃城になったようですが、その後細川晴元が使った可能性があるとか。さすが京都。周辺の山の中まで歴史があちらこちらに残っていますね。

嵐山城の土橋?
嵐山城の土橋?

松尾山山頂は樹林に囲まれていますが、少し脇に出ると、嵐山や嵯峨野方面が良く見えます。

ここから嵐山まではずっと下り道です。道はよく整備されており、迷うところもありません。最期はひょこっと車道に出ます。

車道に出たら、渡月橋に向かう途中にあるのが智福山法輪寺(通称、虚空蔵法輪寺)。やはり秦氏に関連する葛野井宮が古墳時代にはあったようで、寺院としては713年に行基が創建したとされる古刹です。空海日蓮もこの寺院で修業したとか。平安時代には清少納言が枕草子の中で、代表的な寺院として法輪寺を挙げているそうです。渡月橋もかつては法輪寺橋と呼ばれていたとか。法輪寺の由緒についてはこちらを参照してください

智福山 法輪寺
智福山 法輪寺

お約束の渡月橋。この川の水利水運に秦氏が関わっていたわけですね。後はお好みの交通機関を選んで帰路、ということになります。

渡月橋からの風景
渡月橋からの風景

持ち物

このハイキング・コースは、軽登山を含みますので、ハイキングシューズあるいは軽登山靴をお勧めします。服装は軽い登山用のものをご用意ください。

ランチ

一旦山道に入ると、飲食店等は一切ありません。弁当を持参するか、苔寺周辺か嵐山周辺のレストランを利用することになります。