コンテンツへスキップ

足利尊氏

足利尊氏は言わずと知れた、室町幕府創立の立役者です。1331年の元弘の乱では後醍醐天皇の討幕の企てを抑えたものの、1333年には鎌倉幕府に反旗を翻し、鎌倉幕府滅亡につながりました。後に後醍醐天皇と離反、これが南北朝時代の始まりとなりました。

関連した以下のウォーキング・ハイキングコースがあります。

常寂光寺二王門

京都ウォーキング 嵐山から嵯峨、常寂光寺、二尊院、祇王寺、あだし野念仏寺、清凉寺

    観光客でにぎわう京福電鉄嵐山駅周辺から天龍寺、竹林の小径、常寂光寺、二尊院、祇王寺を経て鳥居本のあだし野念仏寺まで行きます。岐路には清涼寺に立ち寄り、嵐山駅にゴールします。嵐山周辺は観光客であふれていますが、嵯峨に来ると… 続きを読む »京都ウォーキング 嵐山から嵯峨、常寂光寺、二尊院、祇王寺、あだし野念仏寺、清凉寺

    お茶屋屋敷跡

    徳川家康陣地岡山・赤坂宿から垂井宿まで中山道を歩く(ウォーキング・コース)

      JR美濃赤坂駅から中山道周辺を歩き、垂井宿へ向かうコースです。観光の目玉はないものの、古代、中世、近世の時代が折り重なった地域であることがよくわかります。 このルートの中山道は、幹線道路ではないものの、すべて車道となって… 続きを読む »徳川家康陣地岡山・赤坂宿から垂井宿まで中山道を歩く(ウォーキング・コース)