JR河毛駅 を起点とするハイキング・コース ウォーキング・コース

中島城跡と丁野山城跡(ウォーキング・コース)

JR北陸線の河毛駅から往復1時間ほどのショートコースです。織田信長が小谷城を攻略するときに、配下の武将を配置した、河毛駅の北にある低山を訪ねます。


織田信長は1573年に浅井長政の居城である小谷城を攻め落としました。この時、浅井氏は小谷山以外にも兵を配置していました。また信長をはじめ、豊臣秀吉などの有力武将の多くは、虎御前山に陣を置きましたが、小谷城を包囲するために、それ以外の周辺の山にも武将が配置されていました。

河毛駅北方の山脇山はそうした場所です。またすぐ近くの岡山には浅井の軍勢が立て籠っていました。このコースは短いですから、小谷城を訪ねるコースや、虎御前山を訪ねるコースなどと組み合わせることをお勧めします。

コースの見どころ

河毛駅で迎えてくれるのは浅井長政とお市の方の像です。

浅井長政とお市の方の像
浅井長政とお市の方の像

その近くにあるのが小谷城周辺の史跡の案内図。赤く現在地とあるのが河毛駅前です。このコースはその北方(地図では上)のあたりに集中して分布する史跡を訪ねます。

小谷城周辺案内図
小谷城周辺案内図

まず出会うのが山脇山の看板。ここは明智光秀の陣所跡です。看板は山のふもとにあり、この奥が山脇山ですが、明確に残る遺構はないようです。

山脇山明智光秀陣跡
山脇山明智光秀陣跡

北陸自動車道をトンネルでくぐり、その先にあるのが谷田神社。江戸時代には山王宮と呼ばれて、もう少し山の上にあったそうです。起源は903年とされており、滋賀県坂本の日吉大社から大山咋神を勧請したもの。

かつてこの辺りには弥勒寺という寺院があったものを、その寺院の跡地を利用する形で現在地に神社が移転してきたとか。

谷田神社鳥居
谷田神社鳥居

こちらが弥勒寺跡の案内板。937年に建立されたとあります。写真の仏像は、現在は石山寺に所蔵されているかつので本尊、如意輪観音像。

弥勒寺跡
弥勒寺跡

弥勒寺の本堂を利用したと言われる、谷田神社の拝殿。確かにお堂といったほうが良い作りです。

谷田神社拝殿
谷田神社拝殿

谷田神社からは、地元の里山づくり委員会が整備した遊歩道が続いています。この地図は丁野岡山古砦図という古地図を元に描かれたもののようです。全山が砦と化していたことがわかります。

丁野岡山古砦図
丁野岡山古砦図

中島城の主郭のあたりには土塁などがはっきりと残っています。小谷城攻めの際に中島城には浅井長政に仕える武将、中島直親がいたそうですが、早くに織田軍に降伏したとか。

中島城の主郭と土塁
中島城の主郭と土塁

丁野山城(よおのやまじょう)は1518年ころに浅井長政の祖父、浅井亮政が築城したとされています。中島城は丁野山城の出城だったそうです。小谷城攻めの時、丁野山砦は朝倉家の重臣、魚住景固や波多野玉泉坊・飛鳥井宝光院僧兵・堀江甚助・久保田勘十郎らが守備していたそうですが、ことごとく降伏、あるいは退去しています。

残念ながら取材の日は時間切れ(JR河毛駅に停車する列車は昼間は1時間に1本、時刻表はこちら)のため、丁野山城跡までは足を運べませんでした。

ちなみに丁野という珍しい地名についてはこちらに解説があります

集合場所

JR河毛駅が集合場所、出発点になります。

行程とコースタイム

このコースはJR河毛駅から歩き始め、見学を含めて1時間ほどです。遊歩道はよく整備されています。

昼食

周辺に飲食店やコンビニは皆無です。

トイレ

河毛駅にあります。

持ち物と服装

街歩きの服装で大丈夫です。靴はスニーカーかハイキングシューズを勧めます。

ハイキング適期

年中訪れることができますう。

近隣の見どころ

このコースは短いですから、小谷城を訪ねるコースや、虎御前山を訪ねるコースなどと組み合わせることをお勧めします。

Post Author: ガイドマスター

浅井氏の居城、小谷城跡と大嶽城跡(ハイキング・コース)

小谷城は、滋賀県長浜市の小谷山(495m)にある浅井氏3代の居城です。小谷城跡のハイキング・コースを紹介します。

まずは小谷城を作った浅井氏の歴史のおさらいから。浅井氏は、もとは地元の名家、京極氏に仕えていましたが、下剋上の世にのし上がり、初代浅井亮政が1520年ごろに小谷山山頂大嶽城(おおづくじょう)を築城、その後中腹部の尾根に浅井久政浅井長政が小谷城を造営しました。

浅井長政に嫁いだ織田信長の妹お市の方や、その間に生まれた浅井三姉妹(お茶々、お初、お江)ゆかりの城でもあります。

1573年に織田信長によって小谷城は攻め落とされ、その後、豊臣秀吉に与えられましたが、秀吉は今浜(いまはま)(現在の近江長浜)に城を築いたために、小谷城は廃城とりました。

この小谷城ハイキングコースは、小谷城ふもとの小谷城戦国歴史資料館を訪ねてから、小谷城本丸のあった東側の尾根を登ります。そのまま小谷山山頂にある大嶽城まで登り、そこから朝倉軍が築いた福寿丸跡などがある西側の尾根を下ります。

降り立ったところは郡上の集落ですが、ここは小谷城のころは城下町、江戸時代には北国脇往還小谷宿の一部だったところです。


小谷城跡ハイキングでは、とにかく浅井氏三代の築城のスケールの大きさに圧倒されることになります。中世三大山城日本五大山城日本100名城などに選ばれるのもうなづけます。

小谷城跡の見どころは、浅井氏の遺跡一点張りで、多様性はありません。それでも一度は訪れてみる価値のあるのが小谷城跡のハイキング・コースです。

小谷城跡ハイキングコースの見どころ

小谷城跡のハイキングは北陸線のJR河毛駅から始まります。駅前に降り立つと出迎えてくれるのは浅井長政とお市の方の像です。写真の左奥に見えているのが小谷城跡のある小谷山。右にあるのが織田信長が布陣した虎御前山です。

JR河毛駅にはレンタサイクルもありますが、小谷城の麓までは歩いて向かいます。

浅井長政とお市の方の像
浅井長政とお市の方の像

河毛駅から歩き始めてすぐの角を曲がったところに泉龍寺があります。ここの山門はかつて小谷城の裏門だったと言われています。でも、山城の小谷城の裏門というのはどこのことだったのでしょうか。

泉龍寺山門
泉龍寺山門

比較的交通量の多い車道を歩きますが、風景はよく、小谷山の全景が見えます。

小谷山
小谷山

やがて右手(南側)に虎御前山の登山道入り口。虎御前山のハイキング・コースはこちらを参照してください。

虎御前山登り口
虎御前山登り口

北陸自動車道の下をくぐるとすぐのところにある石材会社。石の灯籠や彫刻が並んでいて、ちょっと壮観です。

丸石石材
丸石石材

やがて旧北国脇往還に出ると、そのあたりがかつての小谷城下町。江戸時代には北国脇往還の宿場町となっていたようです。

小谷城下町
小谷城下町

やがて小谷山に分け入る清水谷の入り口。この奥に浅井長政の居館や、武家屋敷などがあったようですが、痕跡はほぼ残っていません。小谷城戦国資料館があるので、登城する前に歴史の勉強を。なお館内は撮影禁止でした。小谷城戦国資料館で現地ガイドさんをお願いすることもできます。有料で要予約です。詳しくはホームページを。

小谷城戦国歴史資料館
小谷城戦国歴史資料館

小谷城の全体像はこんな感じ。このハイキング・コースは、清水谷を取り囲む尾根筋を右側の追手道から登り、左側の尾根を降りてきます。

小谷城跡清水谷絵図
小谷城跡清水谷絵図

資料館から少し戻り、追手道の案内に従って車道を外れ、尾根に向かって歩き始めると、すぐに「磯野屋敷跡」の表示。これは浅井長政配下の磯野員昌(いそのかずまさ)の屋敷があったところです。磯野員昌は姉川の合戦で名を挙げ、かつて彦根の佐和山城の城主を務めていた武将です。佐和山城が織田信長に攻略された折に降伏し、織田氏配下となりました。

磯野屋敷跡
磯野屋敷跡

尾根に登りついたところからすぐのところにあるのが間柄峠。そこからしばらく登ったところが金吾丸。この辺りは、織田軍が小谷城を攻めるより以前、1525年に、六角高頼が小谷城を攻めた時の戦跡です。初代浅井亮政の時のことでしょうか。

小谷城に越前の朝倉氏が浅井氏に援軍を送り、朝倉配下の武将、真柄備中守が陣取ったのが真柄峠、朝倉金吾教景(あさくらのりかげ)が陣取ったのが金吾丸だそうです。

小谷城金吾丸跡
小谷城金吾丸跡

金吾丸から少し登ると番所。ここは検問所のようなものだったようです。

小谷城番所跡
小谷城番所跡

御馬屋跡は、本丸からちょっと降りたところにある曲輪です。

小谷城御馬屋跡
小谷城御馬屋跡

帯曲輪は、御馬屋から本丸に直接向かうと見逃してしまう位置、本丸の下、清水谷側にある帯状の長い曲輪です。

小谷城帯曲輪跡
小谷城帯曲輪跡

石段の残る小谷城黒金門跡。この上は大広間と呼ばれる広いスペースになっています。

小谷城黒金門跡
小谷城黒金門跡

黒金門跡の近くにある桜馬場と呼ばれる曲輪。

小谷城桜馬場跡
小谷城桜馬場跡

1533年、六角氏の合戦のおりに内通していた家臣の今井秀信の首を晒したのが首据石。

小谷城首据石
小谷城首据石

織田の軍勢に追い詰められた浅井長政が自害したのが赤尾屋敷と伝えられています。

小谷城赤尾屋敷跡
小谷城赤尾屋敷跡

小谷城の大広間と、奥が本丸。石垣が見えます。

小谷城址大広間
小谷城址大広間

本丸跡は意外に狭いです。

小谷城 本丸跡
小谷城 本丸跡

本丸の北側は大きな堀切。

小谷城大堀切
小谷城大堀切

堀切から上がった北側が小谷城中丸。

小谷城中丸跡
小谷城中丸跡

小丸と隣接しているのが京極丸。かつての主君、京極氏の屋敷があったと伝えられます。

小谷城京極丸
小谷城京極丸

小丸は2代城主、浅井久政が信長の軍勢に攻められた自害したところ。

小谷城 小丸跡
小谷城 小丸跡

山王丸を回り込んだところに立派な石垣が残っています。

小谷城大石垣
小谷城大石垣

小丸の上にある山王丸。かつて山王権現が祀られていたのでこの名があるそうです。

小谷城 山王丸跡
小谷城 山王丸跡

山王丸の上にあるのが六坊跡。浅井氏ゆかりの六つの寺院が出張所?を設けていたようです。

小谷城六坊跡
小谷城六坊跡

小谷山頂上へと向かう道から逸れ、東側の尾根にあるのが月所丸。細長い尾根上に曲輪が続いています。

小谷城 月所丸跡
小谷城 月所丸跡

この辺りから急登が続きますが、岩尾と呼ばれるところまで来ると展望が開けます。

小谷山岩尾からの眺望
小谷山岩尾からの眺望

やがて山頂の大嶽城跡(おおづくじょう)。浅井亮政が最初に築いた本丸と言われています。曲輪を囲む土塁などが良く残っています。

大嶽城跡
大嶽城跡

大嶽城からは、北へ向かい高月駅に出られる道もあるようですが、このコースは南西側の尾根を下ります。

やがて出てくるのが福寿丸跡。福寿丸と山崎丸は1572年に朝倉の援軍が築いた城郭です。木村福寿庵が守備に就いていたので福寿丸と呼ばれます。

小谷城福寿丸跡
小谷城福寿丸跡

福寿丸からさらに下ると山崎丸。こちらは山崎吉家が守っていました。

小谷城山崎丸跡
小谷城山崎丸跡

下りつくのは尾崎神社の鳥居。この辺りには登り口の案内がないので、下を通った時にもここが登り口とは気が付きませんでした。

尾崎神社鳥居
尾崎神社鳥居

この辺りは北国脇往還。北国街道の木之本と中山道の関ケ原を結んでいた近道です。

北国脇往還 大谷市場跡
北国脇往還 大谷市場跡

かつての小谷城下町は江戸時代には北国脇往還の郡上宿。当時の建物はありませんが、古民家や、史跡を示す案内はいくつか。

郡上宿高札所跡
郡上宿高札所跡

郡上宿にあった地蔵堂。石をあまり加工していない素朴な地蔵は、関ケ原からこの辺り一帯まで分布しているようです。

郡上宿の地蔵
郡上宿の地蔵

郡上宿からは、JR河毛駅へとまっすぐに向かいます。

集合場所

JR北陸線河毛駅が集合場所、出発点になります。

行程とコースタイム

このコースはJR河毛駅から歩き始め、見学を含めて5時間ほどです。河毛駅と小谷山のふもととの間は舗装道路ですが、あとはすべて山道になります。

昼食

コース上には飲食店もコンビニもありません。弁当持参をお勧めします。

トイレ

河毛駅、と小谷城戦国歴史資料館にあります。山中にはトイレはありません。

持ち物と服装

軽い登山になります。靴はハイキング・シューズか軽登山靴を勧めます。

ハイキング適期

年中訪れることができますが、夏の暑い時期と降雪がある時は避けるほうが良いでしょう。

近隣の見どころ

織田信長らが布陣した虎御前山を訪ねるハイキング・コースと組み合わせることができますが、体力と時間に余裕が必要です。

時間があれば、河毛駅の北にあり、織田軍が小谷城包囲のために布陣した中島城などを訪ねることもできます。

小谷山の東にある須賀谷温泉は浅井長政やお市の方も湯治に通ったと言われています。日帰り入浴、宿泊もできます。

Post Author: ガイドマスター

虎御前山(ハイキング・コース)

虎御前山は、戦国時代末期に織田信長の軍勢が、小谷城に立てこもった浅井長政を攻めるために要塞化した山です。行くとわかりますが、小谷山とはすぐ向き合った関係です。虎御前山の南半分は、キャンプ地などとして開発され、かつての面影はありませんが、山頂付近から小谷山に対峙する北半分には、山城の構造が非常によく残されています。歴史上有名な戦いの地で何が行われていたかを観察するのに、またとない場所と言えます。

なお、「御前山ハイキングコース」でこのページが検索結果に出るようですが、このページは滋賀県の「虎御前山ハイキングコース」の紹介です。

このコースの地図を参照


虎御前山へは、JR虎姫駅から歩いて登るのがお勧めです。距離だと、ゴールのJR河毛駅まで6㎞弱ですから、ゆっくり歩いても3時間あれば楽しむことができます。(虎姫駅までの経路をGoogle Mapで調べる)

なお、地名の虎姫は虎御前のことで、虎御前という女性が登場する伝説に基づいています。曽我物語にも虎御前という女性が登場するそうですが、別人のようです。伝説に関しては『近江輿地志略』という江戸時代に書かれた本に記されています。虎姫の名は、明治時代に虎御前に因んで名づけれらた地名だそうです。

〈虎御前山〉
始は長尾山と号す、此山に桃須谷といふ所あり、其谷に井筒と号する泉あり。此地に一人のの美女忽焉として顕れたり容色類なし。
せせらぎ長者娶りて妻とす、其名を虎御前といふ。懐胎して十五筋の小蛇を産す、はなはだこれを恥ぢて山東の淵に身を投ず、今の女性淵是也。
爾来此山を虎御前山と号すといふ。

『近江輿地志略』

コースの見どころ

JR北陸本線の虎姫駅は、黒壁スクエアなどが人気の長浜駅の次の駅です。駅にはカフェが併設されており、ランチなどもいただけるようです。この辺りには他にレストランや商店が見当たらないので、貴重です。また虎姫駅にはイタリアンダイニングカフェ・チィーボもありますが、取材の日は水曜日で定休日でした。

JR虎姫駅のカフェ
JR虎姫駅のカフェ

駅を出てすぐ目に付いたのが、「元三大師ご誕生の地」の看板。これは良源という天台宗のお坊さんで、912年頃に現在の長浜市三川町(JR虎姫駅から東の方)で生まれ、延暦寺でおみくじを始めたことで有名なのだそうです。この辺り、あちらこちらにおみくじが展示してありました。

元三大師ご誕生の地
元三大師ご誕生の地

さらに周辺には虎明神とか、虎の力水などがあります。これらは虎姫にちなんで地域おこしのために作られたもののようで、特にこの地の歴史に関係があるものではないようです。

虎の力水
虎の力水

ここから、虎御前山の麓にある資料館、虎姫時遊館へと向かいますが、途中には三ヶ所の地蔵堂があります。天台宗はどうも地蔵信仰と結びついているようで、滋賀県全体に地蔵が多いように思います。

北大寺地蔵
北大寺地蔵

この辺り、伊吹山がとてもきれいに見えますが、高圧電線がかなり邪魔ですね。Photoshopで消したいところ。

伊吹山
伊吹山

虎姫時遊館は、イベントや会議スペースのある施設ですが、ミニ・ミュージアムになっていて、虎御前山や小谷山城攻めに関する歴史をあらかじめ予習することができます。

虎姫時遊館
虎姫時遊館
虎姫時遊館の展示
虎姫時遊館の展示

虎姫時遊館の隣には丸山古墳があります。現在円墳が再現されていますが、元の古墳は古墳時代初期のもので、説明書きによれば日本最古の古墳だとか。真偽のほどはわかりませんが、発掘された青銅製の唐草紋緑細線式獣帯鏡は紀元前に漢で作らたものと推定されています。そんな重要な古墳の割には知られていませんし、史跡にもなっていないのが不思議ですが…虎御前山の周辺や尾根筋は、古墳だらけで、古代この辺りに有力な豪族が住んでいたことは明らかでしょう。

丸山古墳
丸山古墳

ここから虎御前山へ行くには田川という川を渡ります。その橋のたもとにあるのが「三川港について」という碑文。江戸時代にはこの辺りで船に荷を積み、田川から琵琶湖に出て大津などと結ばれていたようです。

「三川港について」
「三川港について」

虎御前山への登り口は神社の鳥居です。道はしばらくは神社の参道の石段ですが、右側には車道も作られています。

矢合神社鳥居
矢合神社鳥居

神社の名前は矢合神社ですが、古くは八相社又は八相大明神と呼ばれていたようです。虎御前山の南側は「八相山」(はっそうざん)と呼ばれていたそうですが、これを「やあい」と呼んで、この地で盛んだった弓から明治時代になって「矢合」の字が充てられたそうです。

虎御前山は織田信長の浅井攻めの陣となったことで有名ですが、実は室町時代初期(1351年)に足利尊氏と弟の足利直義との間で起こった「八相山の戦い(八相山合戦)」がありました。足利直義は観応の擾乱と呼ばれる一連の戦に敗れ、捉えられて幽閉されたのち翌年没しているそうです。 「八相山の戦い」 の方は、虎姫時遊館の展示でも触れられていません。戦跡や記念碑も一切ないようです。

矢合神社の本殿は、戦国時代の戦で焼け落ちて、江戸時代の天明年間(1875年前後)に再建されたものです。写真左には鐘楼が写っています。「神社に鐘楼?」と思えるものですが、戦火を免れた道成寺の鐘楼が移築されたものだとのこと。道成寺は八相山の山麓にあった神宮寺で、能や歌舞伎に出て来る道成寺とは関係ありません。

矢合神社
矢合神社

この辺りから上は、電波塔があったり、キャンプ場があったりと、古代の古墳も、戦国時代の戦跡も、すべて破壊されてしまっている様相で、歩いていてもあまり面白くはありません。丹羽長秀陣地跡辺りも、開けていて気持ちが良いと言えばそうですが、歴史的なものはすべて破壊されています。後方の電波塔付近に三角点があります。

丹羽長秀陣地跡
丹羽長秀陣地跡

電波塔の近くまで登ると、自然林に入ります。多くはカシの木の仲間のアベマキです。かつては近隣の人たちに里山として使われていた名残でしょうか。この辺りから古墳が沢山出てきます。虎御前山古墳群には確認されただけで85基の古墳があります。その中でも山頂付近のものは信長馬場古墳群と呼ばれ、33基からなっています。これだけの古墳が尾根上に連なっているのですから、かつては凄い景観だったのでしょう。

虎御前山古墳群
虎御前山古墳群

前方後円墳の三号墳。43mあるそうですが、見ただけでは全容は把握できません。

信長馬場古墳群三号墳
信長馬場古墳群三号墳

これまで開発が進んでしまって退屈だった道は、この辺りから様相を一変させます。電波塔までで車道ももうなく、山道になり、古墳や戦国時代の城の構造物が良く残っています。

やがて樹林の中に瀧川一益陣地跡。瀧川一益(かずます)は織田信長は以下の武将でした。虎御前山の三角点もこの近くにありますが、ここが最高地点というわけではないようです。

瀧川一益陣地跡
瀧川一益陣地跡

この辺りからは、次々に城郭の遺構が出てきます。

虎御前山の横堀
虎御前山の横堀

そして堀秀政陣地跡。堀秀政は織田信長、豊臣秀吉に仕えたのち、1590年の小田原征伐の最中に病死した武将です。

堀秀政陣地跡
堀秀政陣地跡

そしていよいよ織田信長の陣跡。要塞の真ん中、という感じのところです。今は木立の中ですが、当時は構造物を作るために木は刈り払われ、見晴らしがよかったのでしょう。

織田信長陣跡
織田信長陣跡

続いて、最前線にいた豊臣秀吉(当時は木下秀吉)陣跡。写真ではわかりませんが、この辺りもかなりの防御施設が作られていたようです。当時秀吉は、虎御前山城の城番に任ぜられていました。

木下秀吉陣跡
木下秀吉陣跡

そして柴田勝家陣跡。この辺りも古墳が多く、柴田勝家の陣も古墳の上に置かれたように思えます。

柴田勝家陣跡
柴田勝家陣跡

しばらく行くと、夫婦岩への分岐があります。夫婦岩は山の中腹にある二つの大岩のことです。道は踏み跡程度で急斜面、夫婦岩は樹林の中で視界も悪く、あまり見に行く価値はありません。ガイドですから、確認のために見ては来ましたが…

夫婦岩
夫婦岩

夫婦岩の分岐からしばらく進むと、正面に小谷山がよく見える場所に出ます。この距離で両軍が睨み合っていたということが実感できる場所です。

小谷山を望む
小谷山を望む

この辺りからは、一気に斜面を下る道となり、すぐに河毛駅へと続く県道に出ます。

集合場所

JR虎姫駅が起点で、ゴールはJR河毛駅です。逆ルートも可能ですが、河毛駅側からの登りは急斜面になります。

行程とコースタイム

このコースはJR虎姫駅から歩き始め、見学を含めて3時間ほどです。前半は神社の石段や、車道なども混じった緩いのぼりが続きます。後半は山道です。

昼食

JR虎姫駅構内にはランチが食べられるイタリアンダイニングカフェ チィーボ(水曜日休み)があります。それ以外、道中には飲食店もコンビニもありませんので、昼食をはさむ場合には弁当持参がお勧めです。米原で北陸本線の普通列車に乗り換える場合には、米原駅構内に駅弁の売店や、コンビニがあります。日の長い季節であれば、虎姫駅で早目にランチを取ってから出かけても良いと思います。

トイレ

JRの駅と、虎御前山に登り始めるところにある公園にトイレがあります。その他は道中にトイレはありません。

持ち物と服装

軽登山のスタイルをお勧めします。靴はハイキング・シューズが良いでしょう。

ハイキング適期

年中訪れることができますが、夏の暑い時期と降雪がある時は避けるほうが良いでしょう。琵琶湖に近いので、特に冬に風が強い時にはお勧めできません。

近隣の見どころ

小谷山城はすぐ近くで、健脚者であれば、虎御前山と小谷山の両方を一日に歩きとおすことも可能です。

Post Author: ガイドマスター