コンテンツへスキップ

番場城

番場城は中山道番場宿を見下ろす尾根上に作られた山城です。鎌倉時代にこの辺りの地頭を務めた土肥氏が番場城の城主であったとされていますが、定かではありません。番場宿に東山道時代の屋敷跡(殿屋敷)があり、13世紀末から15世紀初頭に使われていたようですから、番場城もその頃のものかもしれません。

番場宿殿屋敷遺跡

番場宿殿屋敷遺跡

番場城には鎌刃城への道の途中から入ります。ため池がありますが、左に行くと鎌刃城への道、番場城へは右へ行き、尾根を目指します。この辺りはかなり湿度が高いようで、苔むした森が結構素敵です。

番場城への道

番場城への道

番場城は、尾根上に小さな堀切が数本と、わりに狭い主郭があります。最近になって登山道が整備されたようで、迷うことなく上ることができます。

番場城主郭

番場城主郭

関連した以下のウォーキング・ハイキングコースがあります。

鎌刃城の虎口

中山道番場宿 鎌刃城から、竜宮山、八葉山、西坂山、地蔵峠(ハイキング・コース)

    中山道の番場宿の東の山上に位置する鎌刃城跡から、尾根道をたどって竜宮山、八葉山、西坂山を経て、松尾寺山に近い地蔵峠まで縦走します。地蔵峠からは松尾寺の西坂参道を下り、再び中山道に出てJR醒ヶ井駅まで歩きます。史跡と山歩き… 続きを読む »中山道番場宿 鎌刃城から、竜宮山、八葉山、西坂山、地蔵峠(ハイキング・コース)

    北条仲時の墓

    米原駅から番場宿、蓮華寺を経て醒ヶ井駅ハイキング・コース

      基本的に車道歩きですが、交通量は少なく、静かな山里を歩くことができます。歴史的なスポットもあり、楽しめるコースです。 このコースは米原駅から旧北陸道(北国街道)のある米原宿に進み、中山道と米原湊を結んだ物流のための道を、… 続きを読む »米原駅から番場宿、蓮華寺を経て醒ヶ井駅ハイキング・コース