コンテンツへスキップ

湯谷神社

湯谷神社(ゆたにじんじゃ)は滋賀県米原市、JR米原駅の東の太尾山城への登り口になっている神社です。昔々、出雲の国の人が、旅の途中にここで温泉を見つけたのが始まりとか。今では温泉の痕跡はありませんから、温泉ではなく冷泉だったのかもしれませんが。

太尾山城があった戦国時代には、城の守護神とされていたそうですが、1573年に浅井長政の攻撃で本殿が焼失。その後本殿は1733年に井伊家の家臣藤原朝臣によって再建されたそうです。拝殿は1834年のもの。

湯谷神社の祭礼は10月で、曳山祭りが行われます。米原の曳山は三基(旭山、寿山、松翁山)があるそうです。

湯谷神社
湯谷神社

湯谷神社由緒
湯谷神社由緒

湯谷神社境内にはいくつも境内社がありますが、その一つが春川稲荷神社。火災から町を守るために祀られたそうですが、火災対策ならなぜ秋葉社ではないのかな?

春川稲荷神社
春川稲荷神社

関連した以下のウォーキング・ハイキングコースがあります。

北条仲時の墓

米原駅から番場宿、蓮華寺を経て醒ヶ井駅ハイキング・コース

基本的に車道歩きですが、交通量は少なく、静かな山里を歩くことができます。歴史的なスポットもあり、楽しめるコースです。 このコースは米原駅から旧北陸道(北国街道)のある米原宿に進み、中山道と米原湊を結んだ物流のための道を、… 続きを読む »米原駅から番場宿、蓮華寺を経て醒ヶ井駅ハイキング・コース