横河の古戦場跡 を訪ねるハイキング・コース ウォーキング・コース

醒井宿から、かぶと山・環状列石群・多和田城跡(ハイキング・コース)

一般には知られていない環状列石群などがあり、面白いハイキング・ルート。歩く距離も適度で、舗装道路歩きも一部だけ。春の花や紅葉も楽しめる。


JR醒ヶ井駅のホームに立つと、南側に中山道が走る醒井宿。そして北側には川向うに低い山が連なっています。この山が通称かぶと山。山の向こう側多和田地区からハイキングコースが整備されており、半日程度のハイキングにちょうど良いところです。

かぶと山には古代の山城とされる多和田城跡があり、また城に付随する施設なのか不思議な環状列石群も残されています。

JR醒ヶ井駅からかぶと山はすぐ近くに見えますが、JR醒ヶ井駅との間には天野川が流れており、醒ヶ井駅からかぶと山に直行するルートはないようです。かぶと山の起点となるのは山の反対側、多和田地区にある大宝神社です。JR醒ヶ井駅からは徒歩でルートにもよりますが、短い中山道歩きを含め、30分から45分くらいの距離です。

コースの見どころ

JR醒ヶ井駅からは駅前の国道を右折し、歩き始めます。交通量が多いのに歩道もない歩くのが嫌な道がしばらく続きます。まず出会うのが「一類狐魂等衆」と書かれた碑。

一類狐魂等衆の碑
一類狐魂等衆の碑

この碑の由緒は脇にある看板に示されています。逸話を読んでも「一類狐魂等衆」の意味はよくわかりません。

江戸時代後期のある日、東の見附の石垣にもたれて、一人の旅の老人が、「母親の乳がのみたい…」とつぶやいていた。人々は相手にしなかったが、乳飲み子を抱いた一人の母親が気の毒に思い「私の乳でよかったら」と、自分の乳房をふくませてやりました。老人は、二口三口おいしそうに飲むと、目に涙を浮かべ「有り難うこざいました、本当の母親に会えたような気がします。懐に七〇両の金があるので、貴女に差し上げます」と言い終わると、母親に抱かれて眠る子のように、安らかに往生をとげました。この母親は、お金は頂くことは出来ないと、老人が埋葬された墓地の傍らに、「一類狐魂等衆」の碑を建て、供養したと伝えられています。

一類狐魂等衆碑の説明版

続いて道は上丹生川にかかる息長橋を渡ります。上丹生川は醒井養鱒場から流れて来る川です。息長橋の息長は、古代にこの地で勢力を持っていた息長氏に由来する地名でしょう。この橋のたもとにあるのが壬申の乱・横川の古戦場跡の案内板。古戦場は柏原近くの梓河内あたりであるという説もあるようですが。

壬申の乱 横河の古戦場跡
横河の古戦場跡案内

この先、右に旧中山道が分岐します。左が国道、右が中山道。

中山道の分岐
中山道の分岐

中山道へ入りしばらく歩いたら右折。すぐにJR東海道線の踏切を渡りますが、正面に見えるのがかぶと山。向こう側に回り込まなければいけません。

JR踏切とかぶと山
JR踏切とかぶと山

道は天野川の橋を渡ります。ここからは天野川の堤防沿いを進む道を取りましたが、実は堤防から降りて山すそを周り込む道があります。途中未舗装の農道なのでGoogle Mapには載っておらず、気が付きませんでした。帰り道はそちらを取りました。

天野川に架かる橋
天野川に架かる橋

天野川の堤防に続き、水田の間を歩き、山間に入ったところが多和田の集落。ハイキングコースの起点になるのは大宝神社です。ここにはかぶと山ハイキングコースの案内があるので、すぐに登り口はわかりますが、大宝神社の境内を経由しても登れます。大宝神社は地域の特産品である近江真綿(絹のこと)の守護神として祀られているそうです。

多和田の大宝神社
多和田の大宝神社

登山口は大宝神社の右側の道を上っていくとすぐ。南山は三つあるかぶと山の南の峰のことです。登山道は登り始めは非常によく整備されており、迷うようなことはありません。

かぶと山登山口
かぶと山登山口

しばらく登ると、南山のピーク直下、多和田城の曲輪だと思われる龍宮の森に出ます。ここには環状列石群の案内と、龍宮社と呼ばれる祠があります。大きなベンチもあって弁当に最適。

龍宮の森
龍宮の森

ここから南山の三角点、そして多和田城跡とされるあたりに登る案内看板があります。道はわかりませんが、植生はあまり多くないので適当に登っていけます。

かぶと山南山三角点
かぶと山南山三角点

この辺りを見てみると、曲輪と思われる平坦地や、石積み、環状列石と思われる石の並びなどが見られます。知らない人なら見落としますね。

かぶと山の環状列石
かぶと山の環状列石

この辺りから、ハイキングルートは一部怪しくなりますが、基本的に尾根上を通っているので、尾根をたどれば道が見つかります。しばらく進むと中峰の環状列石の案内。環状列石と聞くと、イギリスなどにあるストーンサークルを思い浮かべますが、かぶと山の環状列石群は、大小の石をびっしりと敷き詰めたような状態のもので、目立った石がポツンポツンと環状に並んでいるわけではありません。

かぶと山(醒ヶ井)環状列石群の案内
環状列石群の案内

それどころか、環状列石を踏んで歩かないといけない場所も。

かぶと山の環状列石群
かぶと山の環状列石群

道が鞍部に向かっての下りに入ると、多和田の風穴があります。かぶと山は石灰岩地形ですから、水によって石灰岩が溶かされてできたものです。規模が小さいせいか鍾乳石は観察されていないそうです。


しばらく下ると鞍部に出て、道は真っすぐ北の尾根を進むものと、集落の最奥にある日枝神社に降りる道とに分かれます。この日はお腹が空いたので日枝神社に降りました。

多和田の日枝神社
多和田の日枝神社

ここからは、集落を抜けて醒ヶ井駅に帰るだけです。帰り道の多和田の集落にあったのが水色のレトロな建物、擴識学校の跡。ここはどうやら明治時代に小学校だったようです。脇の看板には多和田地区の歴史や、地場産業の真綿について書かれています。

多和田の元小学校
多和田の擴識学校の跡

多和田からは山すそを巡る農道を通ります。こちらが近道。途中未舗装です。

山すそを巡る農道
山すそを巡る農道

そして、天野川の橋を渡ったら、天野川の堤防沿いに歩いてみました。ここは良いハイキングコースです。

天野川堤防の道から
天野川堤防の道から

やがて道は上丹生川の合流地点に達します。ここから醒ヶ井駅はすぐ近く。

取材の日(4月中旬)に見た植物をどうぞ。かぶと山はオオムラサキが生育するなど、自然も豊かな場所のようです。クヌギの木が多いのが印象的でした。オオムラサキはクヌギの樹液に集まるそうです。

集合場所

JR醒ヶ井駅が集合場所、出発点になります。

行程とコースタイム

このコースはJR醒ヶ井駅から歩き始め、4時間ほどです。

昼食

醒ヶ井駅の周辺の飲食店は軒並み閉まっていますので、弁当持参がお勧めです。その他コース中には飲食店もコンビニもありません。少し寄り道ができるのであれば、息長郵便局に近い能登瀬にある丸善おくむら公式サイトはこちら)をお勧めします。

トイレ

醒ヶ井駅の外にあるだけです。

持ち物と服装

軽登山用の服装と靴を勧めます。

ハイキング適期

年中訪れることができますが、夏の暑い時期にはヒルが出るそうです。

早春と、秋の紅葉の頃がベストです。

近隣の見どころ

醒井宿の散策がお勧めです。他の醒ヶ井駅を起点とするハイキングコースとの組み合わせも可能ですが、時間的に厳しいと思います。

多和田の集落から山津照神社などを訪れることも容易にできます。以下のコースを参照してください。

Post Author: ガイドマスター

柏原宿から猪鼻城跡、醒井宿(ハイキング・コース)

このコースは中山道柏原宿から醒井宿までのハイキングに、途中京極氏の隠れ城と言われる猪鼻城(別名河内城)跡を組み合わせたコースです。

柏原宿から醒井宿までは車があまり通らない昔の街道の風情を残したコースで、ゆっくり歩いても2時間ほど。

猪鼻城跡へは梓河内にある中山道からの分かれ道から往復約2時間です。集落を抜けた後は手入れの悪い山道で、温かい時期にはダニやヒルが出ますので、城跡などに興味がある人以外には勧められません。

コースの見どころ

JR柏原駅から柏原宿を抜け、西に向かいます。

途中東山道時代の小川の関跡を通ります。ただこの辺りの史跡はどこも「跡」ばかりで、建物などが残っているところはほとんどありません。

小川の関跡
小川の関跡

やがて左側に梓河内地区への分岐点。八講師城と猪鼻城への案内もあります。案内に従って名神高速のガード下の道を進みます。

梓河内(あんさかわち)は江戸時代には旗本の西郷氏の領地だったそうで、旧中山道沿いには西郷氏の館跡があります。

梓河内と猪鼻城を示す道標

なんでも梓河内の梓と河内は別集落で、梓川の上流が河内だとか。猪鼻城に向かう途中の河内集落はとても風情のある山里です。

河内地区の梓川
河内地区の梓川

河内集落のどん詰まりから山道に入り、猪鼻城跡をめざします。猪鼻城に関しての詳細はこちら

中山道に戻って醒井宿を目指します。おおむねこんな風情のある街道歩きが続きます。

中山道を歩く
中山道を歩く

途中梓川沿いにあった「推定横河の駅家跡」の案内。壬申の乱横河の古戦場跡の案内は醒井宿の近くにありますが、ここ梓河内を横河と比定する学説もあるそうです。

横河の駅家跡

一色の集落にある八幡神社とその前に並べられたお地蔵様。この地域一帯にこのような素朴な地蔵が無数にあります。

一色の集落にある八幡神社とその前に並べられたお地蔵様
一色の集落にある八幡神社とその前に並べられたお地蔵様

名神高速道路わきの一里塚跡。

一里塚跡
一里塚跡

ここは佛心水と呼ばれる井戸。

佛心水と呼ばれる井戸
佛心水

佛心水の近くには古くからの馬頭観音があります。ところが行ってみると、大きな碑があるものの、隣接するお堂の中はもぬけの殻。ひょっとすると碑の前の小さな石仏が馬頭観音?それとも元々碑だけで馬頭観音像はなかった?調べてもよくわかりません。また馬頭観音の碑自体も、今は中山道から少しそれた国道沿いにありますが、元々は中山道沿いにあったものを、名神高速道路の工事に伴い現在地に移したとのこと。

醒井宿の馬頭観音碑
醒井宿の馬頭観音碑

醒井宿の東端にあたる東見附(番所)。ここで街道は2度直角に曲がる桝形になっています。

そこからしばらく歩くと、日本武尊伝説がある居醒の清水。日本武尊の像も立っています。

醒井延命地蔵尊(醒ヶ井地蔵尊)は鎌倉時代の大きな石像。

醒井延命地蔵尊

醒井宿を流れる地蔵川はバイカモ(梅花藻)とハリヨの生息地として有名です。

醒井宿を流れる地蔵川
醒井宿を流れる地蔵川

醒井宿資料館では問屋場を再現しています。トイレもあります。

醒井宿問屋場
醒井宿問屋場

醒井宿を歩いていて、「あれ?」と思った醤油屋さん。ヤマキ醤油はきいたことがあります。ここは有限会社醤油屋喜代治商店といい、元々醒井の名水を使って醤油を作っていたようです。ヤマキ醤油が醒井の会社だとは知りませんでした。

有限会社醤油屋喜代治商店(ヤマキ醤油)
有限会社醤油屋喜代治商店(ヤマキ醤油)

しばらく歩くと天然記念物の了徳寺の御葉付銀杏。なんでも銀杏が葉の先に付くのだとか。取材は春先でしたから確認できませんが。

了徳寺の御葉付銀杏
了徳寺の御葉付銀杏

続いてこれも名水。細い水路の奥から流れ出ている十王水

十王水
十王水

十王水の次にあるのが西行水。この辺りの中山道は行基とか弘法大師とか西行とか、ビッグネームにまつわる伝承がある史跡が多いのですが、東山道が通る、かつての要衝だったせいでしょうね。西行水にも伝説があるようです。

西行水
西行水

西行水から少し西で、中山道は地蔵川から離れます。その先を右折するとゴールのJR醒ヶ井駅です。

集合場所

JR柏原駅が集合場所、出発点になります。終点はJR醒ヶ井駅です。

行程とコースタイム

このコースはJR柏原駅から歩き始め、真っすぐに醒井宿に向かう場合は2時間ほど。猪鼻城跡へ立ち寄ると4時間ほどの行程です。

昼食

柏原の周辺に飲食店が数軒。あとは醒ヶ井に近い国道沿いに飲食店があります。醒井宿内の飲食店は観光シーズン以外開いていないところもあるようです。

トイレ

柏原宿内に公衆トイレがあります。あとは醒井宿までトイレはありません。

持ち物と服装

猪鼻城跡に立ち寄らず、街道歩きだけを楽しむなら街歩きの服装で大丈夫です。靴はスニーカーを勧めます。

猪鼻城跡に立ち寄る場合は、簡単な山歩きの服装が必要です。季節によってはダニやヒルが出ますから、長そで長ズボンは必須です。石がごろごろしている場所もあるので、靴は軽登山靴がお勧めです。

ハイキング適期

年中訪れることができますが、夏の暑い時期と降雪がある時は避けるほうが良いでしょう。

猪鼻城跡に行くのは晩秋から初春のダニやヒルが出ず、藪もひどくない頃がお勧めです。

近隣の見どころ

柏原宿近くの北畠具行卿の墓などがあります。猪鼻城跡に立ち寄らない場合は、京極氏の菩提寺である清滝地区の徳源院を組み合わせるのも良いと思います。

Post Author: ガイドマスター

米原から善光寺岩屋善光堂、岩脇山を経て中山道、醒井宿(ハイキング・コース)

JR東海道線で米原駅から関ケ原・大垣方面に向かう時、左手を気を付けてみていると、岩山に作られた目を引くお堂があります。これが善光寺岩屋善光堂です。このコースでは、米原駅から歩き始め、善光寺岩屋善光堂を見学、その上の岩脇山(いおぎやま)に登ります。その後は近江の農村をぶらぶら歩いて中山道に入り、醒井宿まで向かいます。

このハイキング・コースは8㎞ほどですので、午前中あるいは午後に歩くことも十分可能です。

コースの見どころ

歴史はあるものの、あまり見どころはないコースかもしれません。

その中のハイライトは善光寺岩屋善光堂です。ご覧のように岩山に木組みを建て掛けて作られた上にお堂があります。掛け造りと呼ぶそうです。本堂には入ることもできます。ここは飛鳥時代の600年ころ、本田善光が後に長野善光寺の本尊となる、阿弥陀如来像を背負って信州に向かう途中、立ち寄ったとされるところです。

善光寺岩屋善光堂、背後は岩脇山
善光寺岩屋善光堂、背後は岩脇山

善光寺岩屋善光堂の背後、岩脇山(いおぎやま)の上から見た風景。低い丘のようなところで、登山と言えるほどのものではありません。岩脇山から琵琶湖方面を見ると、東海道新幹線がよく見えます。

ちなみに浅井氏に仕えていた今井氏の支族、岩脇氏の居館、岩脇氏館が岩脇山の北側にあったそうですが、遺構はありません。

善光寺岩屋善光堂の近くには、岩に大きな横穴が二つあけられています。これらは岩脇蒸気機関車避難壕で、第二次世界大戦中に米軍の空爆から機関車を隠すために掘られたそうです。

岩脇蒸気機関車避難壕
岩脇蒸気機関車避難壕

岩脇山からは、特に目立った見どころもない農村歩きが続きます。ただこのあたりの北を流れる天野川を挟むこの辺りは、箕浦古戦場にあたり、1531年には六角定頼浅井亮政(浅井長政の祖父)との間で箕浦合戦があり、浅井亮政が敗退しています。

途中通る寺倉という集落は、かつて室町時代には寺倉氏という一族が支配し、現在の槻倉(きそう)神社のあたりには寺倉城があったそうです。そうした面影は何もありませんが。

寺倉集落にある槻倉神社

寺倉集落からは国道沿いに出なければならないところがあり、歩いて楽しくありません。北陸自動車道を越えたら、国道歩きを避けて、中山道番場宿と醒井宿の間に出ます。ここからは中山道を30分弱歩くと醒井宿、醒ヶ井駅です。醒井宿までの道には、それなりに風情のある街並みが続きますが、一部歩道のない国道を歩かなければなりません。

醒ヶ井駅に近いところには壬申の乱の戦跡、横河の古戦場跡の看板があります。上丹生川の橋の近くですが、気を付けていないと見落としそうです。

集合場所

JR米原駅西口が集合場所、出発点になります。帰路はJR醒ヶ井駅からです。

行程とコースタイム

このコースはJR米原駅から歩き始め、見学を含めて4時間あれば十分です。岩脇山を除いてすべて舗装された道を歩きます。

昼食

ルート上には飲食店がありませんが、ルートを少しそれて国道へ出ると、何軒かの飲食店があります。ほとんどが車で国道を通る人向けの店で、あまり特徴のあるお店はありません。取材の時はバリバリジョニー米原インター店を利用しました。かなりヘビーです。道中ほかにお勧めのお店がないのが残念。

米原駅周辺で早目のランチを済ませてから歩くのも良いでしょう。その場合、駅の西側、北国街道沿いの Cafe du MBF がお勧めです。

トイレ

米原駅を出ると、醒ヶ井駅までトイレはありません。

持ち物と服装

街歩きの服装で大丈夫です。靴はスニーカーを勧めます。

ハイキング適期

年中訪れることができますが、夏の暑い時期と降雪がある時は避けるほうが良いでしょう。

近隣の見どころ

時間に余裕があれば、かぶと山のハイキングコースと組み合わせることもできます。

米原駅彦根駅醒ヶ井駅柏原駅などを起点とするコースと組み合わせることができます。米原駅の東には太尾山城という山城の跡もあります。

7月ごろに訪れるのであれば、醒ヶ井宿の地蔵川のバイカモを見ることができます。

また、以下のコースで紹介している訪問地を加えることも容易です。

Post Author: ガイドマスター