コンテンツへスキップ

木曽街道(上街道)

木曽街道は、江戸時代初期の1615年に木曽が尾張藩領地になったため、名古屋から木曽を結ぶために整備された、名古屋と中山道を繋ぐ脇街道です。別名上街道(うわかいどう)。名古屋城の東大手門志水口を起点に中山道の伏見宿に至ります。宿場は小牧宿、善師野宿土田宿の三つがありました。江戸後期には下街道が一般的になり、木曽街道は次第に使われなくなっていったようです。

名古屋城の築城開始が1610年、清州越え(清須城から名古屋城への移転)が1616年までですから、この頃名古屋の町の開発と、尾張藩の地場固めが行われており、木曽街道の整備もその一環であったことが伺えます。

木曽街道に整備には尾張藩付け家老の犬山城城主成瀬正成、正虎の働きがあったようです。

関連した以下のウォーキング・ハイキングコースがあります。

土田城のあった山

木曽街道善師野宿から土田宿、中山道太田宿へ(ハイキング・コース)

今やひなびた山村の旧木曽街道善師野宿から、木曽街道を歩き、途中土田城跡などに立ち寄り、木曽川沿いを中山道経由で太田宿まで歩く変化のあるコース。木曽川に沿った中山道の難所がどのような地形の場所であったのかよくわかります。車… 続きを読む »木曽街道善師野宿から土田宿、中山道太田宿へ(ハイキング・コース)

継鹿尾山

犬山紅葉寺から継鹿尾山を経て名鉄善師野駅(ハイキング・コース)

紅葉の頃がお勧め。秋の天気の良い日には尾根歩きが気持ち良いです。 名鉄犬山遊園駅から歩き始め、紅葉で有名な継鹿尾観音 寂光院を見学、そこから山道に入り、継鹿尾山(273メートル)に登山。そこから東海自然歩道をたどり、名鉄… 続きを読む »犬山紅葉寺から継鹿尾山を経て名鉄善師野駅(ハイキング・コース)