cafe du MBF(米原) を訪ねるハイキング・コース ウォーキング・コース

米原駅から番場宿、蓮華寺を経て醒ヶ井駅ハイキング・コース

基本的に車道歩きですが、交通量は少なく、静かな山里を歩くことができます。歴史的なスポットもあり、楽しめるコースです。


このコースは米原駅から旧北陸道(北国街道)のある米原宿に進み、中山道米原湊を結んだ物流のための道を、中山道の番場宿までたどります。番場宿では南北朝時代、元弘の乱で北条仲時らが自害した歴史のある蓮華寺を訪ねます。その後、中山道、中部北陸自然歩道を通って醒井宿・醒ヶ井駅へと向かいます。JR米原駅からゴールの醒ヶ井駅までは3時間ほどで行けるので、1日コースにするには、太尾山城などと組み合わせるのがお勧めです。番場宿から鎌刃城を往復するのも一案です。

コースの見どころ

米原湊は、江戸時代に中山道を通って行き来する荷物を、琵琶湖の水運とつなぐための重要な湊の一つでした。現在のJR米原駅が湊の跡地で、現在の市街地が広がる米原駅と琵琶湖の間は、干拓された土地です。米原湊の痕跡を示すものはほぼなく、米原駅東口に記念碑が立っているだけです。

米原湊の記念碑
米原湊の記念碑

かつての米原の中心はJR米原駅の東側、北国街道が通っているあたりで、米原は北国街道の宿場町の一つでした。JR米原駅から国道を渡ってしばらく進むと、かつての面影を残す北国街道に出ます。その先に青岸寺がありますから、参拝して青岸寺庭園を見学するのも良いでしょう。また10月ならば湯谷神社(ゆたにじんじゃ)の祭りもあるそうです。

米原の北国街道
米原の北国街道

ここでは、中山道との連絡路に入るために左折し、北国街道を北へ向かいます。すぐに左側にあるのが角田家住宅。「すみだけ」と読みます。江戸時代末期に建てられた町家で、米原宿の北国街道沿いではほとんど唯一江戸時代の面影を残す建物です。

角田家住宅
角田家住宅

米原宿内には地蔵堂がいくつかありますが、これは観光案内板にも載っている六角地蔵尊。関ケ原あたりから滋賀県北部にかけての地蔵は、「これ自然石じゃないの?」と思えるようなものも多く、さらにその数が無数と言えるほど多く、不思議に思っています。

米原宿内の地蔵堂
米原宿内の六角地蔵堂

六角地蔵尊のすぐ近くにあるカフェが「café du MBF」(食べログで評判を見る)。「カフェ」ですから、喫茶が主でランチにパスタくらいが出るのかと思ったら、イタリアンのコース料理も出す古民家レストランでした。

café du MBF
café du MBF

北国街道沿いにさらに進むと、米原市の文化財に指定されている「北陸道中山道分岐点道標」があります。左は北国街道を北上する道。右は江戸時代に開かれた、中山道番場宿への連絡路です。このハイキング・コースは右へと辿ります。

北陸道中山道分岐点道標
北陸道中山道分岐点道標

道をたどってすぐのところにあるのが、祭りの山車を保管しておく旭山組格納庫。毎年10月に湯谷神社の祭礼の時に山車が出るそうです。

米原曳山旭山格納庫
米原曳山旭山格納庫

この辺りの道は、いかにも旧街道といった趣。

中山道番場宿への連絡路
中山道番場宿への連絡路

更にしばらく進むと、両側に木立がある切通道になります。ここが深坂道。1611年に米原湊と中山道を直接繋ぐ物流のルートを確保するために作られたもので、この道と湊による物流が米原の発展の原点となりました。

深沢道
深坂道

深坂から先、道は山すそをぐるっと回りこむように東に向きを変えます。左側に米原高校がありますが、この辺りからも太尾山に登る道があるとか。標識は見かけませんでしたが。この辺りは中部北陸自然歩道にも指定されています。右側の山の斜面は雑木林が続き、時折出て来る地蔵堂が、古くからの道であることを示しています。

やがて道は開けた水田地帯に出ます。北を見ると伊吹山が見えます。ここから車道を離れて、未舗装の農道を歩いた方が足に優しいです。

東側には番場宿の向こうの山並みが見えていますが、ここは鎌刃城(かまはじょう)があったところ。写真右奥の方かと思います。東山道の時代から宿場だったという番場を見下ろす位置ですから、かつては交通の要衝を押さえる重要な城だったことでしょう。

番場宿・鎌刃城方面
番場宿・鎌刃城方面

水田を横切り、番場宿の西側の山すそにあるのが直孝神社。彦根藩の二代目井伊直孝を祀る神社です。

直孝神社
直孝神社

直孝神社の参道をたどり、番場宿の中を通る中山道に出ます。道を左に折れてすぐ蓮華寺

蓮華寺勅使門
蓮華寺勅使門

蓮華寺は聖徳太子が開いたという伝承のある古刹。1284年に当時の鎌刃城主土肥元頼一向上人を呼んで再建し、八葉山蓮華寺となったそうです。この時に鋳造された釣鐘は国の重要文化財。

蓮華寺の鐘楼
蓮華寺の鐘楼

南北朝時代には、元弘の乱の折に足利尊氏の寝返りによって京を追われた六波羅探題北方の北条仲時がここで行く手を阻まれ、蓮華寺本堂前で一族郎党432名が自害しました。北条仲時の墓は本堂右側の山中にあります。当時の住職が自害した人たちの名を記した「陸波羅南北過去帳」も国の重要文化財です。

北条仲時の墓
北条仲時の墓

蓮華寺に関連してもう一つ有名なのが番場の忠太郎。1930年に発表された長谷川伸の戯曲『瞼の母』(まぶたのはは)の登場人物です。長谷川伸は蓮華寺で自害した北条仲時一族の中に、子どもや若者が多くいたことに心を痛め、瞼の母を書いたとか。蓮華寺本堂の後ろには長谷川伸が寄進した忠太郎地蔵が立っています。ちなみに、架空の人物ですが番場忠太郎の供養塔まであります。

忠太郎地蔵尊
忠太郎地蔵尊

このほかにも、一向杉という杉の大木や、コウヤマキの大木、庭園、季節折々の花や紅葉など、蓮華寺は見所が沢山。

蓮華寺から鎌刃城へ直接登る道もあるようですが、登山口はわかりませんでした。お寺の人に聞く必要がありますね。

蓮華寺の拝観が終わったら番場宿の中を抜けて、中山道を醒井宿に向かいます。番場宿の中は、本陣、脇本陣、問屋場などのあった場所を示す石が置かれているだけで、当時の建物は皆無のようです。問屋場跡が多いのは、米原への分岐があったためでしょうか。

いくつかの集落を抜けて中山道を歩き、醒井宿が近づいたところ、国道の手前で右折し、中部北陸自然歩道をたどります。無論中山道沿いに歩いても良いのですが、この先国道を歩かねばならないところもあって、あまり面白くありません。

醒ヶ井への中部北陸自然歩道
醒ヶ井への中部北陸自然歩道

農村風景の中をたどると、醒ヶ井に入り、醒ヶ井駅はすぐです。番場宿から醒ヶ井駅までは1時間かかりません。番場宿で疲れた場合には、米原市のコミュニティバス、まいちゃん号も利用できます。事前予約が必要です。

集合場所

JR米原駅東口が集合場所、出発点になります。ゴールはJR醒ヶ井駅です。

行程とコースタイム

このコースはJR米原駅から歩き始め、見学を含めて4時間あれば十分です。ほぼ舗装された道を歩きます。番場宿で打ち切る場合には、米原市の乗り合いタクシー、まいちゃん号が使えますが、1時間前までの予約が必要です。

昼食

米原駅周辺で済ませてから出発するほうが良いでしょう。

トイレ

番場宿内の蓮華寺や公園、あとは醒井駅にあります。

持ち物と服装

街歩きの服装で大丈夫です。靴はスニーカーを勧めます。

ハイキング適期

年中訪れることができますが、車道歩きが長いので夏の暑い時期は避けるほうが良いでしょう。

近隣の見どころ

米原を出る前に太尾山城へ行くことができます。番場宿周辺で時間を取る場合は、六波羅山の北条仲時の五輪塔を探しに行くか、鎌刃城や番場城跡の訪問も良いでしょう。鎌刃城のハイキング・コースを参考にしてください。

醒ヶ井宿では、地蔵川沿いを散策するか、醒井宿資料館(旧醒井郵便局局舎)は、ヴォーリズが設計したものです。

また番場宿から醒井宿へ向かわずに、鳥居本宿へと向かい、中山道歩きを楽しむのも良いでしょう。鳥居本宿まで行けば近江鉄道鳥居本駅が利用できます。

Post Author: ガイドマスター

青岸寺、太尾山城ハイキング・コース

JR米原駅のすぐ東側に見える低い山並みが太尾山城のある太尾山です。米原駅を出て麓にある青岸寺を見学してから太尾山城跡がある太尾山をぐるっと一周しても2時間余り。太尾山城は土塁や堀切、切岸が良く残っていて面白い城です。手軽に歴史が楽しめるのが太尾山城ハイキング・コースです。


米原駅から見る太尾山
米原駅から見る太尾山

太尾山城は手軽に登って降りて来られますが、ハイキング・コースとしては物足りないかも。午前中か午後どちらかに太尾山城へ登ることにすれば、ランチは麓の米原の町で取ることができます。

太尾山城コースの見どころ

太尾山城へは滋賀県米原市米原駅を出て東へ向かいます。国道8号線の信号を渡り、細い道を進んで横切るのは北国街道。かつて琵琶湖の水運で重要だった米原湊はJR米原駅あたりにありましたから、本来は米原駅の東側が米原の中心だったはずですね。

米原の北国街道
米原の北国街道

太尾山麓の青岸寺は北国街道を越えてすぐです。青岸寺は青岸寺庭園で有名です。青岸寺は曹洞宗の寺で、江戸時代初期の1650年頃に、かつて南北朝時代にこの地にあった米泉寺を再興しようと建立されたそうです。その後、彦根藩第三代井伊直澄らの庇護を受けて寺領を拡大しました。太尾山城の多くの部分も青岸寺の寺領です。

米原 青岸寺
米原 青岸寺

青岸寺庭園は国の史跡の指定を受けています。1678年に彦根の楽々園(彦根城の二の丸御殿)を作った香取氏の設計で作ったものだそうで、観音が住まう補陀落山の世界が表現されています。

青岸寺庭園
青岸寺庭園

青岸寺では月曜火曜を除き、喫茶去を開いていて、お茶とお菓子を楽しめます。また特定の日には精進料理を楽しむこともできるそうです(要予約)。

太尾山城の歴史については、米原市のパンフレットに掲載があります。かいつまんで書くと以下です。

1471年に美濃の守護代・斎藤妙椿が近江に侵攻し、米原山で合戦した記録があり、この山が太尾山ではないかと考えられている。

1538年の六角定頼による北近江攻めでは、永田氏などが太尾に在陣しているのが記録されている。天文1552年には、京極高広が六角方の太尾山城の攻略を今井氏に命じたが失敗。1561年浅井長政による太尾山城攻めが開始され、攻撃に加わった今井定清が夜襲で誤って味方の槍を受け討ち死にするが、ようやく攻略して中嶋宗左衛門尉を入れ置いた。

1571年、織田信長による浅井氏攻めで佐和山城が開城すると、宗左衛門尉も太尾山城を退き、以後廃城になった。

https://www.city.maibara.lg.jp/material/files/group/47/site28.pdf

さて、太尾山城への登山道は、青岸寺とその手前にある米原保育園との間の道をたどります。しばらく急登がありますが、道はよく整備されていて、20分ほどで尾根筋に登りつくことができます。

太尾山尾根道
太尾山尾根道

さらに尾根筋を登ると、盗人岩(ぬすっといわ)という展望が開ける岩場を経て、太尾山城北城直下の曲輪に出ます。太尾山城は南北二つの主郭を持ち、このような作りを一城別郭と呼ぶそうです。

盗人岩
太尾山城の盗人岩
曲輪跡
太尾山城の曲輪跡

太尾山城北城はこの曲輪のすぐ南にありますが、斜面は非常に急で切岸となっているようにも見えます。道はこの急斜面を避け、東側を周り込み、北城の主郭がある太尾山山頂へは南側から登るようになっています。

太尾山城 北城主郭
太尾山城 北城主郭

太尾山城北城の主郭は広くなっており、土塁がはっきりと残っています。

太尾山城土塁
太尾山城土塁

太尾山城の北城から南城へは尾根道ですが、いくつかの曲輪状のところと、堀切で区切られています。特に南城手前の堀切は、かつては通路としても使われていたのか、掘り込みが深く、良い状態で残っています。

太尾山城南城直下の堀切
太尾山城南城直下の堀切

堀切から往復する太尾山城南城の主郭は北城ほど広くなく、細長くなっています。

太尾山城 南城主郭
太尾山城 南城主郭

堀切に戻って東に向かうと番場宿へ出られるそうですが、ここは道を西側に取り、米原に降ります。降り立つのは湯谷神社で、湯谷神社からの道の方が本来の太尾山城登城路という説もあります。

湯谷神社
湯谷神社

湯谷神社から米原駅までは10分かかりません。北国街道沿いのイタリアン・カフェ、cafe du MBF食べログで評判を見る)でランチでも食べましょう。

cafe du MBF
cafe du MBF

集合場所

太尾山城に登るにはJR米原駅東口が集合場所、出発点になります。

太尾山城への行程とコースタイム

このコースはJR米原駅から歩き始め、青岸寺の見学を含めて2時間ほどです。太尾山城登山道は整備されていて、道に迷うようなところもありません。

太尾山城コースでの昼食

米原駅の周辺と、北国街道の周辺に数軒のレストランがあります。取材の時はCafe de MBFというお店でイタリアンをいただきました。

トイレ

青岸寺と湯谷神社にトイレがあります。太尾山城ハイキング・コースの途中にはありません。

持ち物と服装

太尾山城に登るには軽登山の服装がお勧めです。スニーカーで登れない山ではないですが、ハイキングシューズか軽登山靴がお勧め。

太尾山城ハイキング適期

太尾山城へは大雪でない限り、年中訪れることができます。

太尾山城近隣の見どころ

北陸道から深坂道を通って蓮華寺のある番場宿までは1時間かかりません。時間があれば米原から往復もできますし、そのまま醒井宿へ抜けることもできます。また方角はちょっと違いますが、善光寺岩屋善光堂がある岩脇山も米原駅から徒歩30分ほどです。

Post Author: ガイドマスター