コンテンツへスキップ

高屋城

高屋城は柏原の南側の尾根上、八講師城とは尾根続きの場所にある山城の跡です。高屋砦とも呼ばれ、築城の時期は八講師城よりも古い鎌倉時代とされていますが、詳細はわかっていないようです。

林道からの明確な登り口は不明で、尾根を適当に登っていきました。下りは、掘割と思われる溝を下ったら、林道に出ました。地図の読めない人がガイドなしでたどり着くのは難しいかもしれません。

思ったよりも広い範囲に遺跡が広がっており、城跡を示す石標があるそうですが、確認できませんでした。

高屋城 尾根に残る二列の竪堀
高屋城 尾根に残る二列の竪堀

高屋城 並んだ石
高屋城 並んだ石

山頂部ではなく、尾根の鞍部を中心に作られているようで、どこにどのような施設があるのか現地でも把握しにくい城跡です。高屋城の構造はこちらのサイトに掲載されています

関連した以下のウォーキング・ハイキングコースがあります。