コンテンツへスキップ

観応の擾乱

観応の擾乱は1350年から1352年にかけて、室町幕府の内紛によって行われた戦乱のことです。初代将軍の足利尊氏・幕府の執事高師直に対して、足利尊氏の弟足利直義が争った。結果、足利直義と高師直が死亡し、生き残った尊氏が結果として勝利した。

関連した以下のウォーキング・ハイキングコースがあります。

桑実寺、観音寺城跡から近江商人の里、五個荘(ハイキング・コース)

このハイキング・コースは、山歩きと街歩きが楽しめるコースです。JR安土駅からスタートし、歴史のある桑実寺(くわのみでら)からかつて南近江を支配した佐々木氏・六角氏の居城であり、日本100名城にも選ばれている観音寺城跡を経… 続きを読む »桑実寺、観音寺城跡から近江商人の里、五個荘(ハイキング・コース)