コンテンツへスキップ

祇王寺

京都嵯峨にある祇王寺は、「平家物語に登場する“悲恋の尼寺”」とされています。平家物語では平清盛の寵愛を得ていた祇王が冷たくあしらわれるようになり、母の刀自、妹の妓女とともに当時の嵯峨往生院で尼になったそうです。往生院はその後廃寺となり、荒れ果てていたものを、大覚寺が残された仏像と墓を保護し、明治になって庵を建てて祇王寺となったそうです。この辺りの経緯はこちら。祇王寺は苔や緑の木々が美しい寺です。

関連した以下のウォーキング・ハイキングコースがあります。

常寂光寺二王門

京都ウォーキング 嵐山から嵯峨、常寂光寺、二尊院、祇王寺、あだし野念仏寺、清凉寺

    観光客でにぎわう京福電鉄嵐山駅周辺から天龍寺、竹林の小径、常寂光寺、二尊院、祇王寺を経て鳥居本のあだし野念仏寺まで行きます。岐路には清涼寺に立ち寄り、嵐山駅にゴールします。嵐山周辺は観光客であふれていますが、嵯峨に来ると… 続きを読む »京都ウォーキング 嵐山から嵯峨、常寂光寺、二尊院、祇王寺、あだし野念仏寺、清凉寺