コンテンツへスキップ

桜井の泉

桜井の泉は岐阜県可児市土田、旧東山道、江戸初期までの中山道に沿った場所にある泉です。街道沿いの涸れることない泉の周りに桜が咲いていたので桜井の泉と名付けられたとか。

桜井の泉
桜井の泉

藤原定家が桜井の泉の歌を詠んでいます。「散れば浮き 散らねば底に 影見えて なお面白し 桜井の池」

桜井の泉の由来
桜井の泉の由来

桜井の泉の石仏
桜井の泉の石仏

関連した以下のウォーキング・ハイキングコースがあります。

土田城のあった山

木曽街道善師野宿から土田宿、中山道太田宿へ(ハイキング・コース)

    今やひなびた山村の旧木曽街道善師野宿から、木曽街道を歩き、途中土田城跡などに立ち寄り、木曽川沿いを中山道経由で太田宿まで歩く変化のあるコース。木曽川に沿った中山道の難所がどのような地形の場所であったのかよくわかります。車… 続きを読む »木曽街道善師野宿から土田宿、中山道太田宿へ(ハイキング・コース)