コンテンツへスキップ

妙楽寺

名鉄古見駅からすぐのところに妙楽寺があります。知多四国八十八ヶ所霊場第七十九番札所です。順番では79番ですが、知多四国霊場の始まりは、この妙楽寺の第13世亮山阿闍梨が1809年に夢枕で弘法大師(空海)のお告げを聞いた時です。後に岡戸半蔵、武田安兵衛の二人の協力者を得て1824年に成立しました。この3人を合わせて知多四国霊場の「三開山」と呼んでいます。

妙楽寺
妙楽寺

境内に入るとすぐに亮山和尚の像があります。

亮山和尚
亮山和尚

亮山和尚をおまつりする開山堂。

妙楽寺開山堂
妙楽寺開山堂

関連した以下のウォーキング・ハイキングコースがあります。

大野城主郭展望台

知多半島西ノ口駅から大野城、大草城、常滑街道(ハイキング・コース)

    名鉄西ノ口駅から始まるこの辺りは、ハイキング・コースとしてはほぼ使われていないかと思います。道中にある大野城、大草城も知名度は低く、観光客の姿もほぼ見られません。しかしどちらも、一度訪れる価値のある城跡ですし、また、名鉄… 続きを読む »知多半島西ノ口駅から大野城、大草城、常滑街道(ハイキング・コース)