コンテンツへスキップ

妙感寺古墳

妙感寺古墳は妙感寺境内に位置する前方後円墳で、古墳時代前期5世紀前半に造られました。妙感寺古墳は愛知県指定の文化財ですが、案内板もありません。長さ95m幅50メートルで愛知県では第五位の大きさだとか。妙感寺古墳は大きな古墳なのに未発掘だそうです。

地上からはわかりにくいですが、妙感寺古墳の前方部は南西側、後円部が北東側です。妙感寺古墳の周囲には盾形の周濠と外堤があったと推測されていますが、現在では堤がわずかに残るだけで、それ以外には痕跡がありません。

妙感寺古墳前方部
妙感寺古墳前方部

妙感寺古墳後円部
妙感寺古墳後円部

妙感寺古墳の墳丘上には小さな社があり、妙感寺の本堂横から登ることができます。近くの東之宮古墳は有名ですが、墳丘に登れないので、妙感寺古墳の方が雰囲気を味わえます。

関連した以下のウォーキング・ハイキングコースがあります。