コンテンツへスキップ

天寧寺

彦根 天寧寺
彦根 天寧寺

彦根の天寧寺は、彦根の城下町を一望できる高台にある曹洞宗の寺です。秋になると萩の花が咲くので、別名萩の寺とも呼ぶそうです。彦根の町もビルが多くなって、あまり良い眺望とは言えませんが…

天寧寺から彦根城と城下町を望む
天寧寺から彦根城と城下町を望む

天寧寺には以下のようないわれがあります。

彦根藩13代藩主井伊直中(なおなか、1766-1831 )が、腰元若竹(わかたけ)の不義をとがめ罰しました。その後相手が自分の息子とわかり、自分の過失を認め、腰元と初孫の菩提を弔うために天寧寺を創建したといわれます。

https://www.biwako-visitors.jp/spot/detail/561/を元に作成

天寧寺の五百羅漢

天寧寺と言えば何といっても五百羅漢です。京都の名工駒井朝運(こまいちょううん)が刻んだものとか。ところどころに混じる大き目の像は十六羅漢です。十六羅漢は十六国の大名から贈られたものと言われています。

天寧寺の五百羅漢

また天寧寺には近江七福神の内の「布袋尊」があります。

天寧寺の布袋尊
天寧寺の布袋尊

関連した以下のウォーキング・ハイキングコースがあります。

天寧寺の五百羅漢

彦根 天寧寺五百羅漢、清凉寺、龍潭寺、大洞弁財天(ハイキング・コース)

観光客が行かない彦根の魅力を探ることができるハイキング・コースです。訪れる寺社は興味深く、歩く距離も適切です。ただ、ほとんどが車道歩きですので、その分減点です。 彦根と言うと、彦根城や城下町、日本庭園の玄宮園などが有名で… 続きを読む »彦根 天寧寺五百羅漢、清凉寺、龍潭寺、大洞弁財天(ハイキング・コース)