コンテンツへスキップ

地蔵川

中山道醒井宿には地蔵川という清流が流れています。この川は南側にある霊仙山からの伏流水が一年を通して湧き出しており、水温も安定しています。水源には居醒の清水十王水があります。水源が同じ醒井宿内にあり、地蔵川が醒井宿内から始まっているのが面白いところです。

この川に生育しているのが、冷たい清流でしか育つことができない梅花藻(バイカモ)です。梅の花に似た形の白い花を付ける水草なので、梅花藻という名があります。季節は6月から8月にかけて。清流の中の鮮やかなグリーンを背景に、白い花を付けます。

醒井地蔵川のバイカモ
醒井地蔵川のバイカモ

地蔵川の梅花藻

地蔵川の清流には、この地域周辺にしか生育していないハリヨという魚も暮らしています。野生のものを見つけるのはなかなか大変ですが、 居醒の清水には水槽に入った展示があります。

地蔵川のハリヨ
地蔵川のハリヨ

梅花藻の季節になると周辺の商店では、梅花藻入りのソフトクリームや葛餅を販売しています。

梅花藻の葛餅
梅花藻の葛餅

関連した以下のウォーキング・ハイキングコースがあります。