コンテンツへスキップ

九里半街道

九里半街道は、同名の街道が若狭と京を結ぶ鯖街道にもありますが、ここで紹介するのは江戸時代に揖斐川支流の牧田川沿いの川湊から、牧田宿を経て、中山道関ヶ原宿今須宿柏原宿番場宿などを通り、琵琶湖の米原湊あるいは朝妻湊に至る街道のことです。できる限り陸路を短くするため、伊勢湾から揖斐川・牧田川を通り、そして琵琶湖の水

関連した以下のウォーキング・ハイキングコースがあります。

久々美雄彦神社

関ヶ原から島津の退き口、東海自然歩道を経て養老(ハイキング・コース)

    歩行距離約20㎞になる長いコースです。途中に鉄道駅がないためこの距離になっていますが、コミュニティバスなどを利用すれば、もう少し端折ることは可能でしょう。 旧街道歩き、自然歩道歩きのどちらも楽しめるハイキング・コースです… 続きを読む »関ヶ原から島津の退き口、東海自然歩道を経て養老(ハイキング・コース)