コンテンツへスキップ

下丹生古墳

下丹生古墳は滋賀県米原市下丹生にある古墳で、米原市指定の文化財になっています。以下、米原市のサイトからの抜粋です。

市内で唯一、横穴式石室内が見学できる古墳で、集落の上手東側の小高い丘の上に立地する。直径約14,5メートル、高さ約3,5メートルを測る6世紀後半の円墳で、石灰岩の巨岩を組み合わせた石室は全長7,5メートルと長大である。出土品は伝わってないが、息長丹生真人一族の墳墓と考えられている。

下丹生古墳パンフレット(PDF)

息長(おきながうじ)は近江国坂田郡(現在の滋賀県米原市)を拠点とした豪族です。皇室との繋がりも深く、古代には交通の要衝を押さえていた一大勢力であったと考えられています。

下丹生古墳は下丹生の集落の上に位置し、集落を見下ろしています。石室には入ることができますが、中はからです。

下丹生古墳の説明書き

下丹生古墳の石室

関連した以下のウォーキング・ハイキングコースがあります。

醒井養鱒場

JR醒ヶ井駅から下丹生古墳を経て醒井養鱒場(ハイキング・コース)

    中山道の醒井宿から、かつて東洋一と言われた醒井養鱒場までを往復するコースです。途中、下丹生古墳に立ち寄ります。体力に余裕があれば、松尾寺廃寺のコースと組み合わせることもできます。 醒井宿を出ると、川沿いに歩きます。川は醒… 続きを読む »JR醒ヶ井駅から下丹生古墳を経て醒井養鱒場(ハイキング・コース)

    松尾寺山と松尾寺廃寺、醒井宿から登る(ハイキング・コース)

      松尾寺山(標高503m)山頂への登山道は醒井の谷の奥から、途中丁石が並んだ古くからの参詣道を登り、歴史ある寺の廃寺を訪ねる神秘的なコースです。松尾寺山の登山は、紅葉の頃に行けば景色は美しく、また人が入らない低山に付き物の… 続きを読む »松尾寺山と松尾寺廃寺、醒井宿から登る(ハイキング・コース)