コンテンツへスキップ

しゃもじ塚

岐阜県内の中山道垂井宿関ケ原宿の間に野上という集落があります。ここの街道沿いにある野上の七つ井戸には、井戸の説明のほかに「しゃもじ塚」への案内が。

しゃもじ塚へ案内
しゃもじ塚への案内

案内に従って細い道をたどると、踏切の手前に地域の人が作ったであろう案内が。毎年地元で供養しているそうです。公的には「しゃもじ塚」となっていますが、この看板を見ると地元では「おしゃもじ塚」と呼ばれているようですね。

しゃもじ塚案内
しゃもじ塚案内

そしてそこからほど近いJR東海道線の脇の樹下に、いくつかの古い小さな五輪塔が並んでいます。これが「しゃもじ塚」で、平忠常の墓とされています。

しゃもじ塚
しゃもじ塚

平忠常は平将門の孫で、平安時代の武将です。上総介などに任ぜられ、勢力を伸ばした平忠常は、やがて1028年に平忠常の乱として知られる反乱を起こします。1031年に追討使である源頼信に降伏し、出頭しました。捕縛された平忠常は京へ護送される途中、ここ野上で病に倒れます。哀れんだ村人がしゃもじに食事を載せて出すと、喜んで食べ、その後ここで亡くなったとか。首は京に送られたようですが、亡骸はこの地に葬られ、しゃもじ塚と呼ばれるようになりました。

関連した以下のウォーキング・ハイキングコースがあります。

垂井一里塚

中山道関ケ原宿から徳川家康陣地、垂井宿、南宮大社(ウォーキング・コース)

    中山道を関ケ原宿から垂井宿までたどり、垂井では美濃一ノ宮の南宮大社と、朝倉山真禅院を訪ねます。道自体は舗装道路で変化に乏しいですが、所々に長い歴史を持つ街道ならではの史跡が点在しています。 関ケ原宿は中山道が国道になって… 続きを読む »中山道関ケ原宿から徳川家康陣地、垂井宿、南宮大社(ウォーキング・コース)