コンテンツへスキップ

多度山登山と多度大社(ハイキング・コース)

    多度山は養老山脈の西のはずれ。標高は400m余りですが、山頂からの濃尾平野一望の眺めは最高です。ハイキングの目的地としてはよく知られています。山頂からは多度峡をまわって下山します。

    麓にある多度大社は上げ馬神事で有名な神社。

    養老鉄道多度駅からの周回コースです。総延長は13km弱あります。長距離を歩きたくない人は、多度山頂から多度峡の方へ回らずに降りてくれば、かなり短いコースになります。

    コースの見どころ

    多度山へ登るには複数のルートがありますが、愛宕神社から山道を行く健脚コースをたどります。

    多度山登り口の愛宕神社
    登り口の愛宕神社

    健脚コースは最初は植林地の中を進みます。

    多度山健脚コース登山道の様子
    多度山健脚コース登山道の様子

    尾根らしいところに出てくると、左側斜面は天然林。どうやら多度神社の神域になるようです。

    多度神社の神域
    多度神社の神域

    多度山頂上からは濃尾平野が一望。

    多度山頂上からの眺望
    多度山頂上からの風景

    下山は多度峡を経るルートを取ります。登山道ではなく林道で、多度峡に沿ってはいるものの、ほとんど水辺を歩く道ではありません。

    多度峡
    多度峡

    多度神社は歴史ある神社です。奥に進むと厳かな雰囲気。

    多度大社

    集合場所

    養老鉄道多度駅が集合場所、出発点になります。

    行程とコースタイム

    このコースは多度駅から歩き始め、見学を含めて4時間ほどです。愛宕神社から山頂までが登山道、あとは林道と車道になります。

    昼食

    山中には飲食店がありません。弁当持参がお勧めです。

    トイレ

    多度山頂上付近、多度峡、多度大社にトイレがあります。

    持ち物と服装

    軽装で大丈夫です。靴は軽登山靴かスニーカーを勧めます。登りに健脚コースを取らず、眺望満喫コースを取るのであれば、スニーカーで十分です。

    ハイキング適期

    年中訪れることができますが、夏の暑い時期は避けるほうが良いでしょう。

    お勧めは春と秋です。夏には多度峡で泳ぐこともできますが、長距離歩くのは勧めません。

    近隣の見どころ

    多度山からは養老山脈の尾根上を縦走できます。