コンテンツへスキップ

瀧川一益

滝川一益(滝川一益)は戦国大名で、織田信長の有力な家臣でした。後、豊臣秀吉柴田勝家の対立が起きると勝家側に付きましたが敗れて降伏しました。徳川家康と豊臣秀吉が戦った、小牧・長久手の戦いでは秀吉側に付きました。1586年に死去。

関連した以下のウォーキング・ハイキングコースがあります。