コンテンツへスキップ

土岐悪五郎

土岐悪五郎は通称で、「悪」は「ワル」ではなく、強いことを意味します。本名は土岐康貞、美濃の守護である土岐市の一族です。南北朝のころ、現在の岐阜県可児市にあった久々利城を築城しました。近江の国での戦で南朝軍に打ち取られました。

関連した以下のウォーキング・ハイキングコースがあります。

濃尾大橋と木曽川

美濃路 起宿から墨俣宿、墨俣城(ウォーキング・コース)

    美濃路の起宿から墨俣宿の間には古い建物などの目立った史跡はほぼ残っていません。ほとんどが車道ウォーキングですが、木曽川や長良川を渡るときを除き、車の通りはとても少なく、静かな美濃路ウォーキングが楽しめます。ただし距離は1… 続きを読む »美濃路 起宿から墨俣宿、墨俣城(ウォーキング・コース)