コンテンツへスキップ

順海町通り

愛知県西尾市は三河の小京都と呼ばれているそうですが、実際に訪れてみても、京都を感じるような場所はほとんど残っていません。その中で唯一「ここは」と思えたのがこの順海町通り。

順海町通り
順海町通り

両側にある崇覚寺と唯法寺の塀に挟まれた、車一台がやっと通れるような細い道です。石垣と板張りの塀が両側に続きます。この路地は、唯法寺の第11世住職だった順海が、竹藪を開いて道を作ったと言われています。

順海町通りを歩く

関連した以下のウォーキング・ハイキングコースがあります。

西尾の抹茶パフェ

西尾市で歴史と抹茶を楽しむ(西尾市ウォーキング・コース)

    西尾市の歴史やお茶栽培の歴史は興味深く、また特産の抹茶や、抹茶を使ったスイーツなどを味わうのも楽しい。その一方で西尾市でのウォーキングは車道歩きばかりで、町歩きの延長でもあります。 愛知県西三河地方に位置する西尾市はあま… 続きを読む »西尾市で歴史と抹茶を楽しむ(西尾市ウォーキング・コース)