コンテンツへスキップ

野上行宮跡

野上行宮跡(のがみあんぐうあと)は、壬申の乱の折に大海人皇子が戦いのための本陣となる仮の宮を置いた場所で、岐阜県関ケ原町にあります。

中山道沿いの野上集落にある野上の七つ井戸から南に向かう細い道を山の方へ向かって行くと墓地があります。五輪塔や古い墓石が集められているところを見ると、相当古くから墓地として使われていたところのようです。

真念寺裏の墓地
真念寺裏の墓地

さらに登ると、野上行宮跡(のがみあんぐうあと)に着きます。壬申の乱の折に後の天武天皇、大海人皇子が一時的な宮殿である行宮(あんぐう)をこの辺りに建てて、本陣としたと言われています。壬申の乱に敗れた大友皇子の首は野上行宮に運ばれ、大海人皇子の検分を受けました。その後大友皇子の首は、地元の人によって自害峯と呼ばれる大友皇子首塚に葬られたとされています。

野上行宮跡の看板の左に石垣がありますが、これは後にこの地に建てられた寺のものかもしれません。周囲は草に覆われていて、暑い時期はダニに注意。

野上行宮跡
野上行宮跡

関連した以下のウォーキング・ハイキングコースがあります。

垂井一里塚

中山道関ケ原宿から徳川家康陣地、垂井宿、南宮大社(ウォーキング・コース)

中山道を関ケ原宿から垂井宿までたどり、垂井では美濃一ノ宮の南宮大社と、朝倉山真禅院を訪ねます。道自体は舗装道路で変化に乏しいですが、所々に長い歴史を持つ街道ならではの史跡が点在しています。 関ケ原宿は中山道が国道になって… 続きを読む »中山道関ケ原宿から徳川家康陣地、垂井宿、南宮大社(ウォーキング・コース)