コンテンツへスキップ

落柿舎

落柿舎(らくししゃ)は京都嵯峨野にある草庵です。松尾芭蕉の弟子、向井去来の別荘として使われていました。芭蕉も滞在したことがあり、ここの滞在記録である「嵯峨日記」を書いています。なお現在の建物は当時芭蕉が滞在したものではありません。

落柿舎
落柿舎

関連した以下のウォーキング・ハイキングコースがあります。

常寂光寺二王門

京都ウォーキング 嵐山から嵯峨、常寂光寺、二尊院、祇王寺、あだし野念仏寺、清凉寺

    観光客でにぎわう京福電鉄嵐山駅周辺から天龍寺、竹林の小径、常寂光寺、二尊院、祇王寺を経て鳥居本のあだし野念仏寺まで行きます。岐路には清涼寺に立ち寄り、嵐山駅にゴールします。嵐山周辺は観光客であふれていますが、嵯峨に来ると… 続きを読む »京都ウォーキング 嵐山から嵯峨、常寂光寺、二尊院、祇王寺、あだし野念仏寺、清凉寺