コンテンツへスキップ

瑞境寺

祥雲山 瑞境寺は知多四国八十八ヶ所霊場第56番札所。

瑞境寺の創建は文禄元年(1592年)。現在の建物は宝暦七年(1757年)とされていますが、新しく見えます。本尊は白衣観世音菩薩。薬師堂にある薬師如来像は行基の作と言われています。知多半島には行基作と言われる像が多いですが、本当かな。

瑞境寺の沿革
瑞境寺の沿革

関連した以下のウォーキング・ハイキングコースがあります。

内海海水浴場

知多半島内海から野間、知多四国を巡る(ハイキング・コース)

    名古屋鉄道(名鉄)の内海駅から歩き始め、海岸沿いに知多半島を北上、山越えをして野間に出ます。途中、知多四国八十八ヶ所霊場の札所の寺院をいくつかと、源義朝ゆかりの地を訪れます。結構盛沢山なコースです。 知多半島の歴史を感じ… 続きを読む »知多半島内海から野間、知多四国を巡る(ハイキング・コース)