コンテンツへスキップ

桂谷古墳群

桂谷古墳群は岐阜県大垣市牧田地区の南宮山山麓にある古墳群で、より広くは牧田古墳群に属する桂谷支群とされています。

牧田の集落を通る旧伊勢街道九里半街道)からは、名神高速道路の下をくぐってアクセスします。

桂谷古墳群のすぐ近くには二又古墳群もありましたが、二又古墳群の方は名神高速道路の建設に伴い、調査を行った後に消滅しています。

桂谷古墳群には現在10基ほどの円墳があり、6世紀後半から7世紀前半に作られた古墳だとされています。

桂谷古墳群の発掘報告はこちらで閲覧できます。

街道沿いの桂谷古墳群案内
街道沿いの桂谷古墳群案内

桂谷古墳群は山すその樹林の中に円墳が点在しています。

桂谷古墳群
桂谷古墳群の様子

桂谷古墳群の説明。

桂谷古墳群の説明
桂谷古墳群の説明

桂谷古墳群の説明
桂谷古墳群の説明

関連した以下のウォーキング・ハイキングコースがあります。

久々美雄彦神社

関ヶ原から島津の退き口、東海自然歩道を経て養老(ハイキング・コース)

    歩行距離約20㎞になる長いコースです。途中に鉄道駅がないためこの距離になっていますが、コミュニティバスなどを利用すれば、もう少し端折ることは可能でしょう。 旧街道歩き、自然歩道歩きのどちらも楽しめるハイキング・コースです… 続きを読む »関ヶ原から島津の退き口、東海自然歩道を経て養老(ハイキング・コース)