コンテンツへスキップ

明智城

明智城は、美濃の守護大名、土岐氏に属する土岐頼兼が1342年に苗字を明智と変えて、明智家を起こし、築城したものです。それから1556年に斎藤道三の息子、斎藤義龍に攻められて落城するまで、200年以上にわたって明智家が支配していました。落城後、最後の城主であった明智光秀はこの地に戻ることなく、明智城はそのまま廃城となったようです。

関連した以下のウォーキング・ハイキングコースがあります。

明智城

明智駅から明智城、可児駅まで(ハイキング・コース)

    名鉄広見線の明智駅から歩き始め、明智光秀ゆかりの明智城を経て、可児市内の古墳などを訪ねます。 明智城以外の訪問地は、いずれも知名度の低い古墳です。また明智城を越えてからは、おおむね住宅街や市街地を歩きますから、古墳ファン… 続きを読む »明智駅から明智城、可児駅まで(ハイキング・コース)