コンテンツへスキップ

岡崎城

岡崎城は日本100名城にも指定されている城で、徳川家康が生まれた場所として有名です。城内には家康のへその緒をまつるえな塚もあります。岡崎城は15世紀中ごろに前身となる砦が築かれ、15世紀末に松平家の城となったそうです。1602年徳川家譜代の本多康重が城主となりました。明治になって廃城となり、建物はすべて撤去されたそうです。

関連した以下のウォーキング・ハイキングコースがあります。

八丁蔵通り

徳川家康生誕地岡崎城と岡崎宿二十七曲り(ウォーキング・コース)

    岡崎は、徳川家康が生まれた岡崎城の城下町です。また、江戸時代には東海道の宿場町岡崎宿としても栄えました。宿場内の東海道は、何度も角を曲がる構造になっているため、二十七曲りと呼ばれています。 岡崎城は、石垣や堀も立派で見る… 続きを読む »徳川家康生誕地岡崎城と岡崎宿二十七曲り(ウォーキング・コース)