コンテンツへスキップ

山内一豊陣跡

山内一豊は岩倉織田氏の重臣であった山内盛豊の三男。現在の愛知県岩倉市あるいは、一宮市木曽川町の黒田城で生まれたとされている戦国時代の武将です。のち、豊臣秀吉に仕え、小牧・長久手の戦いでは、秀吉配下として徳川家康と対峙しましたが、関ケ原の合戦の折には徳川方の東軍に属しています。

関ケ原の前哨戦で、各務原市川島地区(旧郡川島町)あたりで池田輝政浅野幸長と共に、西軍の岐阜城主、織田秀信の軍勢破りました。その後、南宮山に陣取る西軍の毛利軍、長宗我部軍に備えてこの地に移動し、布陣しました。毛利軍、長宗我部軍が動かなかったため、関ケ原合戦当日には山内一豊は大きな戦をしていないようです。

山内一豊陣跡
山内一豊陣跡

山内一豊の最大の戦功は、小山評定で東軍の結束を固めたことにあるとされ、戦後、土佐一国の領主に出世しました。

関連した以下のウォーキング・ハイキングコースがあります。

垂井一里塚

中山道関ケ原宿から徳川家康陣地、垂井宿、南宮大社(ウォーキング・コース)

    中山道を関ケ原宿から垂井宿までたどり、垂井では美濃一ノ宮の南宮大社と、朝倉山真禅院を訪ねます。道自体は舗装道路で変化に乏しいですが、所々に長い歴史を持つ街道ならではの史跡が点在しています。 関ケ原宿は中山道が国道になって… 続きを読む »中山道関ケ原宿から徳川家康陣地、垂井宿、南宮大社(ウォーキング・コース)