コンテンツへスキップ

宇喜多秀家陣跡

宇喜多秀家陣跡は関ケ原西側にある南天満山にあります。西軍の主力部隊であった宇喜田秀家軍は約1万7千の兵を、この地にあった天満神社に布陣しました。ちなみに近くの北天満山には小西行長が布陣しています。天満山は関ケ原合戦開戦地に近く、激戦地であったことが伺えます。

宇喜田秀家陣跡
宇喜田秀家陣跡

宇喜田秀家陣跡の解説
宇喜田秀家陣跡の解説

天満神社
天満神社

敗戦後、宇喜田秀家は伊吹山に逃れて匿われ、島津を頼りに薩摩まで逃げました。その後江戸幕府により八丈島に流され、そこで生涯を閉じたそうです。

関連した以下のウォーキング・ハイキングコースがあります。