コンテンツへスキップ

大野城

名鉄知多線、西ノ口駅の少し東にある大野城は、南北朝時代の三河国守護一色範光が築き、戦国時代に佐治氏が居城にしていた城です。浅井長政お市の方の三女、お江は最初、大野城主の佐治一成の妻となりましたが、後に豊臣秀吉の命で離婚しています。

大野城跡には大きな空堀が残っており、櫓が立っていたとされるあたりには、現在は天守閣を模した展望台と、佐治神社があります。

関連した以下のウォーキング・ハイキングコースがあります。

大野城主郭展望台

知多半島西ノ口駅から大野城、大草城、常滑街道(ハイキング・コース)

    名鉄西ノ口駅から始まるこの辺りは、ハイキング・コースとしてはほぼ使われていないかと思います。道中にある大野城、大草城も知名度は低く、観光客の姿もほぼ見られません。しかしどちらも、一度訪れる価値のある城跡ですし、また、名鉄… 続きを読む »知多半島西ノ口駅から大野城、大草城、常滑街道(ハイキング・コース)