コンテンツへスキップ

大井戸の渡し

現在の岐阜県可児市土田と、美濃加茂市との間の木曽川を渡る渡し場の一つが大井戸の渡し(土田の渡し)です。古代、東山道の時代から使われていたようで、1221年に起きた承久の乱においては木曽川を挟んで北側に朝廷側(大内惟信)、南側に鎌倉幕府軍(武田信光・笠原長清ら)が布陣し、戦いの火ぶたを切った場所として知られています。幕府側は大軍で大井戸の渡しで木曽川を渡り、戦は幕府側の圧倒的な勝利で終わりました。

関連した以下のウォーキング・ハイキングコースがあります。

土田城のあった山

木曽街道善師野宿から土田宿、中山道太田宿へ(ハイキング・コース)

    今やひなびた山村の旧木曽街道善師野宿から、木曽街道を歩き、途中土田城跡などに立ち寄り、木曽川沿いを中山道経由で太田宿まで歩く変化のあるコース。木曽川に沿った中山道の難所がどのような地形の場所であったのかよくわかります。車… 続きを読む »木曽街道善師野宿から土田宿、中山道太田宿へ(ハイキング・コース)