コンテンツへスキップ

土田宿

土田宿(どたしゅく)はかつて東山道の時代からあったようで、戦国時代1582年には武田氏との戦いに向かう織田信長が宿泊、1600年には関ケ原の合戦に向かう徳川秀忠が宿泊しています。

1694年に中山道の伏見宿が開設され、戸田宿は宿場町としての役割を終えて、廃れていったそうです。江戸時代の前半にもう廃れて行ったのですから、宿場町らしい景観が残っていないのも無理ないですね。

土田公民館の正面あたりにあるのが木曽街道(上街道)土田宿本陣跡・止善殿。土田宿の名残はほぼここにしかありません。止善殿という名は、初代尾張藩主徳川義直が宿泊した時に名付けたそうです。

木曽街道(上街道)土田宿本陣跡・止善殿
木曽街道(上街道)土田宿本陣跡・止善殿

土田宿の説明版がありました。

土田宿説明版
土田宿説明版

関連した以下のウォーキング・ハイキングコースがあります。

土田城のあった山

木曽街道善師野宿から土田宿、中山道太田宿へ(ハイキング・コース)

    今やひなびた山村の旧木曽街道善師野宿から、木曽街道を歩き、途中土田城跡などに立ち寄り、木曽川沿いを中山道経由で太田宿まで歩く変化のあるコース。木曽川に沿った中山道の難所がどのような地形の場所であったのかよくわかります。車… 続きを読む »木曽街道善師野宿から土田宿、中山道太田宿へ(ハイキング・コース)