コンテンツへスキップ

可児郡新四国八十八ヶ所

可児郡新四国八十八ヶ所は1800年代に成立した現在の岐阜県可児市周辺の八十八ヶ所巡りです。可児郡は「かにごおり」と読むようです。可児市周辺に行くと、弘法堂が数多くありますが、どこも奇麗な旗が立っており、現在も土地の人たちに守られていることがわかります。

可児郡の弘法堂
五十番札所土田庚申堂

今渡の渡し跡近くの弘法堂には、大正時代の弘法堂巡りの図が掲げられていました。

大正時代の弘法堂巡りの図
大正時代の弘法堂巡りの図

関連した以下のウォーキング・ハイキングコースがあります。

土田城のあった山

木曽街道善師野宿から土田宿、中山道太田宿へ(ハイキング・コース)

今やひなびた山村の旧木曽街道善師野宿から、木曽街道を歩き、途中土田城跡などに立ち寄り、木曽川沿いを中山道経由で太田宿まで歩く変化のあるコース。木曽川に沿った中山道の難所がどのような地形の場所であったのかよくわかります。車… 続きを読む »木曽街道善師野宿から土田宿、中山道太田宿へ(ハイキング・コース)