コンテンツへスキップ

お茶屋屋敷跡

中山道美濃赤坂宿の少し南にあるのがお茶屋屋敷跡。旧東山道沿いでしょうか。お茶屋屋敷は徳川家康が上洛の際に宿泊所として用いるために1605年に造営した施設です。徳川家康や徳川秀忠が宿泊しました。現在は個人の所有物だそうですが、庭園として公開されています。一部に土塁などが残っています。後に中山道が整備され、本陣ができるとともに廃止されたそうです。

関連した以下のウォーキング・ハイキングコースがあります。

お茶屋屋敷跡

徳川家康陣地岡山・赤坂宿から垂井宿まで中山道を歩く(ウォーキング・コース)

    JR美濃赤坂駅から中山道周辺を歩き、垂井宿へ向かうコースです。観光の目玉はないものの、古代、中世、近世の時代が折り重なった地域であることがよくわかります。 このルートの中山道は、幹線道路ではないものの、すべて車道となって… 続きを読む »徳川家康陣地岡山・赤坂宿から垂井宿まで中山道を歩く(ウォーキング・コース)